Yuta Suzuki 0 comments on 心に響いた言葉。

心に響いた言葉。

心に響く言葉。

 

それは時間が経っても、いつまでもくっきりと記憶に残るもの。

 

思い返せば、色んな人に思いがけずかけられた言葉の中でも、

何というかグッとくる、その時の自分に深く響いた言葉って、いくつもあるもの。

 

先日、日本に帰った時に高校時代の仲間から言われた。

 

 

「せっかくオーストラリアにいるんだから、どっぷり現地に溶け込んで、ローカルになりきったらいーんじゃないの!?」

 

 

 

僕ら夫婦は、ここオーストラリアでは、法律上&ビザ的にはまだ一時滞在者扱い。

 

とはいえ、日本の住民票を抜いて、国民年金も払うことを辞め、こちらへ移住してきたのは昨年の6月のこと。

 

時間とともに、現地での生活にも溶け込んできたつもりだったけど、どこか帰るべき場所があるというような、気持ち的な拠り所を残していたのは、実は日本の方かもなと、それを聞いて思った。

 

少し細かいことを言うと、僕らは学生ビザという、主にオーストラリアで学生向けに発行されるビザを取得している。

 

つまり、嫁が学習しているチャイルドケアティーチャー(いわゆる保育士)の資格を取得することを前提に、嫁は学校に通いながら仕事をして、という状態。

 

ただし、まだオーストラリアの国民としての権利はもちろん持っていないので、医療保険や利用できる補助金、年金はもちろん、働ける時間にも制限があるんです。

 

そして、ここからいわゆる永住権と言われるビザを取得するためには、英語力や仕事のスキルなど、大きな大きな壁がたくさんある。

 

移住当初からのプランとしては、ごく順調にいって永住権取得まではおそらく7年くらいはかかる見込み。

 

でも、それもうまくいけばの話なので、法律が変わったり、うまく仕事や勉強が進まなかった場合は、このプランは成り立たず、強制帰国というストーリーも全然あり得る。

 

では、そこまでして僕らはどうしてこの道を選んだのか?

オーストラリアで何がしたいのか?

 

考えてみれば、単純な動機。

 

本当に気持ちの良い場所で日々暮らしてみたい。

不安があっても、大きなチャレンジをしてみたい。

自分に何がどこまでできるのか、試してみたい。

 

理由はいくつもあるけれど、正しいとか間違ってるとかできるとかできないとかじゃなく、

やりたいからやった。

 

そんなチャレンジをしたんだったな、と。

 

はじめに書いた言葉を聞いて、そんな自分の想いを思い起こすことができた。

 

 

さて、本田。

 

そう。

 

話は変わりますが、メルボルンビクトリーというチームに移籍した本田選手がブリスベンに試合をしに来ていたので、嫁と見に行くことに。

 

驚いたのは、アウェーのチームなのに、スタジアムのスクリーンでは試合前から本田選手のこれまでのヒストリーばかりを流す、その感じ。

 

そして、現地の日本人が、ここぞとばかりに集結し、そわそわざわざわ、今か今かと本田選手の登場を待ち望む感じ。

 

正直、観客は数千人と寂しいものだったけど、ここオーストラリアで、そしてこれまでも彼は様々な世界中の地で、日本人として自分の実力で戦って、結果を出して来たんだなと、改めてそのすごさを体感した。

 

アスリート、ビジネスマン、教育者、実業家、投資家、チャレンジャー。

 

そんな多彩な側面を持っている本田選手から、いくつも年上の僕は大いに刺激を受けた。

 

ここオーストラリアで、チャレンジしなきゃと思った。

 

変わり続けなきゃ、

進み続けなきゃ、

望む未来を描き続けなきゃ。

 

せっかくチャンスがあるんだから。

 

そう思った。

 

 

37歳。

大人の夢は、これから。

 

<週末の写真たち>

「いいこと、、、」

「ある。」

「、、ない。」

「、、ある!」

「、、ない?」

「、、ある!!」

「うへへー ^^」

「よかった。」

 

I wish your dreams come true with me

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yuta Suzuki 0 comments on 半年ぶりの日本。

半年ぶりの日本。

今回の一時帰国は、なるべく家族とゆっくり過ごすことに。

 

SkypeでもLINEでも、メッセージや会話は可能だけど、一緒に過ごす時間は作れない。

 

記憶に残る時間を作るには、近くで一緒に過ごすのが、一番大事。

 

限りある時間だから、その時々はなるべく噛みしめるように、大切にしたい。

 

Yuta Suzuki 0 comments on 何もしない贅沢 in Byron Bay

何もしない贅沢 in Byron Bay

 

お邪魔したおウチの15歳のティーンに、興味があって聞いてみた。

 

「いつも何をして遊んでるの?」

 

「別に何もしないよ。」

 

「…!!」

 

自分はいつも、時間をどう最大限有効に使おうか、何をしようかばかり考えてしまうけど、、、

 

確かに、この環境にいたら、特に何かをしなくても、いわゆるただchill outしてれば、充実するんだな、と気付かされました。

 

と、ゆーことでしばらくテーマは、

 

Do Nothing!

 

 

 

HelloKidsは、ゴールドコーストにあるチャイルドケアセンター(幼稚園)へ短期間の体験入園ができるプログラムです。(グローバルスカイ・エデュケーション株式会社)

HelloKids – オーストラリアの幼稚園で英語教育&異文化体験

https://www.hellokids.net.au/

Yuta Suzuki 0 comments on Walk together

Walk together

リスペクトとは何か。

 

自分とは異なる考え方、言葉、生活様式を持つ人々と、触れ合いながら、考える。

 

違いを理解する、認める、受け入れる。

 

そもそも、自分を知らなければ、他人との違いも理解できないし、認められないし、受け入れられない。

 

では、自分とは何か?

 

それはいつも、イマココ。

 

溢れかえる情報やSNSで、自分を見失わないように、気をつけよう。

 

 

Yuta Suzuki 0 comments on 抗酸化メニュー

抗酸化メニュー

久々に受けた血液検査で、

 

“やや身体が酸性に傾いてますね”

 

“何!?”

 

とゆーことで、生野菜とかコーヒーとかコンブチャ(身体の中でアルカリ性に変わるらしい)なんかを積極的に摂ることにしました。

 

元気で健康でい続けるために、がんばろー☺︎

 

Yuta Suzuki 0 comments on Meetupで、撮影会に参加してみた。

Meetupで、撮影会に参加してみた。

さて、日曜日。

とりあえず朝から近場でひと泳ぎ。

ちっちゃな子たちが、ビーチでライフセービングのトレーニングをしているのを見て、

“(よし、うちに子どもができたらここに)”

と、密かな夢がまたひとつ芽生えました。

そして今日は、

“新しいつながりや、出会いを探してみよう!”

と、思いたち。

まず参加してみたのが、こちらの

“Meetup”

色んなアクティビティやイベント、勉強会などが開催されていて、誰でもホスト&メンバーになれるこのサービス(アプリ)。

今は本当に便利ですね。

まず、手始めに参加してみたのが、

“みんなで野生動物を見に行こう!”

的なグループ。

なんでもコアラやカンガルーがそこかしこにいる場所があるらしいとのこと。

これはやはりオーストラリア在住として、見ておかねば。(実はまだこちらで動物園に行ったことがなく、見ていない 汗)

で、

お?

名前からして、期待できる。

お?

いました!

カンガルー!(゚∀゚)

かわいいね。

歩き方を、説明しています。

…。

よし、次はコアラだ🐨

と、ここで急に雨が降り出し、Meetupは中止。。

せっかく良い人たちと出会えて、楽しくなりそうだったのに残念。

来週に延期になりました、、

これからも、新しい場所やつながりを求めて、こうした機会に参加してみようと思います。

テック系とかスタートアップの勉強会なんかも探すとありそうで、こーゆーのも行ってみよう!

では、また!

【オーストラリアでの幼児の英語体験プログラムを担当しています!】-Hello Kids-

Yuta Suzuki 0 comments on 理想の暮らしを創る。The Ecovillage at Currumbin

理想の暮らしを創る。The Ecovillage at Currumbin

気持ちよく晴れた週末。

とりあえず、Currumbin Beachからほど近いマーケットでお買い物。

オーストラリアでは、VIP扱いのお子様。

大人による、お子様へのおもてなし。

血液検査をしたら、二人とも身体が酸性に偏り気味とのことだったので、野菜を多めに、そして最近ハマっているTee TreeのHoneyを購入。

ついでにインドア用の多肉植物も。

ひと泳ぎして、ランチ。

これからが、夏。

で、先ほどのCurrumbin Beachから、車で7、8分奥に。

お?

お?

群れ。

あひる?

どうも、お邪魔しました。

さらに進むと見えてきた、今日の目的地。

The Ecovillage at Currumbin

ここは、こんなところ。(Official Movie)

The Ecovillage at Currumbin from Kerry Shepherd on Vimeo.

雨水を再利用した水道、

ソーラーパネルでの自家発電、

あれもこれものDIY。

クールなキッズ。

住人。

お邪魔しやす。

ちょっとだけなんで。

ここは400名ほどの住人が住むコミュニティ。

自然溢れる環境で、自分たちの心地よい生活空間を作る。

いいなぁ。

これは見たことない色のやつ。

ピンク?

あ、もうちょっとで、帰ります。

カフェでコンブチャを飲んでひと休み。

渋いね。

ん?

で、帰り道に、頂いたトマトを植え替えるためのプランター探し。

広すぎる!!Bunnings。

さて、今日はこれからオーストラリアのメルボルンビクトリーに移籍したホンダのデビュー戦を、家でテレビ観戦。

楽しみだなぁー。

あ、日本では今日は大学のOB会か。。

そちらも行きたかったけど、残念。。

またいつか!

それではまた!

Yuta Suzuki 0 comments on 苦手なことも、やってみる。

苦手なことも、やってみる。

日本にいた時は、会いたい時に会いたい友達にも会えた。

でも、オーストラリアに住んでいると、なかなか会えなくなるのが寂しいところ。

もともと、自分から新しい出会いを作ることは苦手なんだけど、チャレンジしてみようと思う。

自分から動き出さないと、何も変わらないから、小さな一歩でも、やってみよう。

 

【オーストラリアでの幼児の英語体験プログラムを担当しています!】-Hello Kids-

Yuta Suzuki 0 comments on 7日ぶり?

7日ぶり?

あー、

やっと晴れた。

やっぱり天気は気分にも関係しますね。

7日ぶり?

ゴールドコーストは、やっぱりこうでないと。

今日という日を大切に、

感謝を忘れず、

今できることを精一杯がんばろう!