未分類 0 comments on What is the most important things in your life?人生で最も大事なホニャララ。

What is the most important things in your life?人生で最も大事なホニャララ。

HI, I am Kazuyo.

One day, a question of English lesson stirred me up.

『What is the most important things in your life, food or water or love?』

One classmate answered.

“My most important thing is LOVE.”

Most students said,

“Why? Every people can’t live without water!!!”

I understood both opinions.
But, first one is deeper than the second one.

Because, we can’t make “LOVE” by ourselves, this is my opinion.

Though we can make the situation of “having WATER”, “having FOOD”. It’s the “responsibility by ourselves”, I think.

And only “LOVE” has power that we never expect.
We sometimes try by myself for my family, lovers,,,

Me?

I hope to live according to my feeling.
Only my feeling.

But I think that I need to decide everything by myself.
I need to have responsibility with my action.

Of course, I love eating, drinking, sleeping, kissing to YUTA.

But,,,

It’s so deep sentence in our life.

I’m going to post about just “LOVE” in my next blog,,,of course, my opinion.

 

 

とある日の授業での質問は、とても興味深いものでした。
『食べ物、水、愛、、、あなたにとって最も重要なものはなんですか?』
とあるクラスメイトが応えました。
『私にとって最も重要なものは愛です。』
ほとんどの生徒が言いました。
『なんでー!?水がないと生きていけないじゃん!!!』

私はどっちの意見も理解できました。
でも、最初の意見は『人生』に関わるとても深い意見です。

ここからは私の意見。
『愛』は、私たちが望んでも意思でどうにかなるもんじゃない。
でも、『水のある生活』や『食べ物のある生活』は、私たち自身で作り出せるものだと思います。
それは、人生における各々の『責任』に関わると思います。

彼女は人生について深く考え、きっとそう言いたかったんだと思ってます。

そして愛は私たちが想像もつかない力を持っている。
たとえば家族や愛するひとのために頑張れたり。

私?

私は、、、私の感性で生きたい。
感じるままに、導かれるままに(と感じながら)生きたい。
そう願っています。
そこには、決断という強い責任が伴いますが、自分の人生だもの、行動に責任持つのは自分以外あり得ないから。

もちろん、もっと単純に考えてます。
食べんの好きだし、寝れるもんならいつでもどこでも寝たい!愛する雄太といつまでもたくさんキスしたいし。

普段はそんな感じでなんとなく生きていたい。

でも時に深く考える、、、そんなのもいいかなって思います。

あくまでも私の思い。

みんな自由。
今日も明日もこれからも自由。

次回、もちろん私の意見だけれど、『愛』についての思いを書いてみようかなと思ってる。

未分類 0 comments on

One day, a question of English lesson stirred up me.

『What is the most important things in your life, food or water or love?』

One classmate answered.

“My most important thing is LOVE.”

Most students said,

“Why? Every people can’t live without water!!!”

I understood both opinions.

But, first one is deeper than the second one.

Because, we can’t make “LOVE” by ourselves, this is my opinion.

Though we can make the situation of “having WATER”, “having FOOD”. It’s the “responsibility by ourselves”, I think.

And only “LOVE” has power that we never expect.
We sometimes try by myself for my family, lovers,,,

Me?

I hope to live according to my feeling.
Only my feeling.

But I think that I need to decide everything by myself.
I need to have responsibility with my action.

Of course, I love eating, drinking, sleeping, kissing to YUTA.

But,,,

It’s so deep sentence in our life.

I’m going to post about just “LOVE” in my next blog,,,of course, my opinion.

とある日の授業での質問は、とても興味深いものでした。
『食べ物、水、愛、、、あなたにとって最も重要なものはなんですか?』
とあるクラスメイトが応えました。
『私にとって最も重要なものは愛です。』
ほとんどの生徒が言いました。
『なんでー!?水がないと生きていけないじゃん!!!』

私はどっちの意見も理解できました。
でも、最初の意見は『人生』に関わるとても深い意見です。

ここからは私の意見。
『愛』は、私たちが望んでも意思でどうにかなるもんじゃない。
でも、『水のある生活』や『食べ物のある生活』は、私たち自身で作り出せるものだと思います。
それは、人生における各々の『責任』に関わると思います。

彼女は人生について深く考え、きっとそう言いたかったんだと思ってます。

そして愛は私たちが想像もつかない力を持っている。
たとえば家族や愛するひとのために頑張れたり。

私?

私は、、、私の感性で生きたい。
感じるままに、導かれるままに(と感じながら)生きたい。
そう願っています。
そこには、決断という強い責任が伴いますが、自分の人生だもの、行動に責任持つのは自分以外あり得ないから。

もちろん、もっと単純に考えてます。
食べんの好きだし、寝れるもんならいつでもどこでも寝たい!愛する雄太といつまでもたくさんキスしたいし。

普段はそんな感じでなんとなく生きていたい。

でも時に深く考える、、、そんなのもいいかなって思います。

あくまでも私の思い。

みんな自由。
今日も明日もこれからも自由。

次回、もちろん私の意見だけれど、『愛』についての思いを書いてみようかなと思ってる。

未分類 0 comments on 友達最高理論。

友達最高理論。

ありがたいことに、日本を発つ前に友人とゆっくりと話をする機会に恵まれています。

今日は高校の時の同級生と。

正直、当時はほとんど話をしたこともなかったような関係なのに、今こうして大人になってからまた再会して、色んな話をできるのがすごく幸せ。

会社を経営したり、野心を持って仕事に取り組んでいたり、そんな彼らとの会話は刺激的で、楽しい。

これからもずっと、そんな関係でいたいね。

Yuta Suzuki, 未分類 0 comments on 「自分に創造できる価値」

「自分に創造できる価値」

みなさま、先日はたくさんのコメントを頂き、ありがとうございます!
自分でもびっくりするほどの反響で、とても嬉しかったです ^^

お一人お一人のコメントを見ながら、”どんな想いでこのblogを読んでくれたんだろう”、”どんな気持ちでコメントを下さったんだろう”と考えていました。そして、これから僕は何を発信していこう、どんな物語を作っていけるんだろうと、楽しみな気持ちになりました!



さて、今日は5月15日ということで、出発まで残りすでに2週間とあとわずか。


今は準備に追われつつ、日々の仕事や今後に向けた新しい仕事づくり、家財の整理、知人へのご挨拶などをして過ごしています。

ちなみに家は、すでにこんな状態。

ほとんど何もありません。 ^^;

7年程暮らしたこの場所とも、もうすぐお別れです。
慣れ親しんだ土地や友人と離れることに寂しさはもちろんありますが、これまでの想い出や人とのつながりは決して消えないものと思っています。

「自分にとっての本当の幸せとは何か?」

そんなことを考えるようになってからというもの、物質的な”モノ”への執着や見かけだけの”ファッション”というものが、とてもつまらなく感じるようになりました。

そして、これまでは毎日のように通勤電車の中で見ていた、海辺の町に住む憧れのサーファー、世界を旅する写真家、自然溢れる土地で暮らす芸術家などのBLOG。”オーストラリアへ行く”ということを決めてから、あれほど好きで、憧れながら見ていたBLOGも見なくなっていたことに気づきました。

どんな映画やフィクションよりも、自分の人生の未来の方がワクワクして、恐怖もあって、遥かにエキサイティングで、「あ、生きてるな」と、実感できるものになったのです。

それまでの自分の人生は、満たされているといえば満たされている、可もなく不可もなくといった感じ。恵まれているし、今の環境に感謝もしているつもりでしたが、何だか振れ幅の小さな人生で面白くないな、そう思っていたのも事実です。

でも今は、改めて自分が自分の人生の主人公になったような気持ちです。
とてつもない不安もある一方で、何とかやっていけるだろうという漠然とした不思議な自信もあります。

自分たちが生きているこの今の時代、実はすごく大きな転換期を迎えているように、何となく感じます。

グローバル化から一転して自国第一主義が広がりつつある今、国も個人も、より自分たちの内側に目と耳を傾けて生きていくことが大事なのではないか。今だからこそ、「こうすべき」よりも「こうしたい」という感情や感覚をもとに、明日進む道を決めるタイミングなのではないかと、個人的には思っています。

では、そんな時代に必要なこととは何か?
創造すべき価値とは何か?

ざっくりと言えば、人をempowerするような、人の背中を押すような、そんな仕事の重要性がこれからもっと高まっていくんではないかと思っています。

ITやIOTにAI。
”便利さ”が今後も高まっていくのなら、必然的に人が何かをできる”機会”も増えていくはずです。

翻訳アプリで外国語を話せなくても不自由なく旅行ができたり、足が悪くてもスムースに宅配で買い物ができたり、ドローンのタクシーができたり。

そんな時代に、「本当の自分の幸せ」をつかむために必要になってくるのは、物質よりももっと精神的なもの。
つまり、一歩踏み出す勇気や自信、そしてそれを後押しすような背中押し(empowerment的な)なのだと思います。

僕は、今回のオーストラリアへの移住を通じて、それを実際に体験してみようと思います。

そして、こんな僕だからこそできるwebを通じたデザインやライティングなどで、誰かの背中を押せるような、そんな価値を作ることができたら嬉しいなと思っています。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ




Yuta Suzuki, 未分類 0 comments on 春。

春。

僕らは結婚して、今年でもう9年目。

「夫婦の仲良いよね!」って言われるけど、

もちろんケンカも激しくしています 笑

でもここまで何とか一緒にやってこれている理由、

それはまずは、支えてくれている周りの方のおかげ。

いつもマイペースで自分勝手な僕ら(特に僕 ^^;)から、

何を与えられているのかはわからないけど、かまってくれる温かい友人がいるのはとても嬉しい。

そしてもう一つは、”ケンカして、ケンカし続けて、ケンカしきれること”。

これがけっこー大事な気がする。

何事もやり切らないと、すっきりしないじゃないですか。

(あくまでも僕の個人的な価値観ですが。。)

9年経って、そうした今の関係を築けていることは、一つの大きな支え。

久しぶりに帰った実家で見かけた、数年がかりで初めて咲いた蘭の花。

花が咲くまでの裏にあるストーリーと、

種を蒔いた時に描いていた未来。

僕はこれからの将来に向けて自分で種を蒔いて、

不安とワクワクを両手に、水をやり続けていくんだ。

Yuta Suzuki, 未分類 0 comments on コンプレックスを、スキルに。

コンプレックスを、スキルに。

以前にも書いたが、小学生くらいから僕にはコンプレックスがあった。

 

色黒で華奢で、周りの人とは少し違う雰囲気のやつ。

子どもの時に、からかわれたりいじめられたりするのには、それだけでも十分な特徴だった。

 

そして、そんな自分を自覚もしていたので、周りの人からの視線にはすごく敏感になっていった。

 

”基本的に自分は、誰にでも認めて受け入れられている人間ではないのではないか?”

 

大げさかもしれないけど、その当時はそんな風に感じていたように思う。

 

”この人は自分を受け入れてくれている人なのか?”

 

電車に乗る時や買い物をする時なんかでさえ、そんなことをいつも気にしていた。

他人と目があったり、少し視線を感じるだけでも、身体中から汗が出て、ドキドキした。

 

でもそんな自分を隠して、できるだけクールに、冷静でいるように見せかけていた。

 

だけど本当は、

 

”周りから受け入れられるためにはどうすれば良いのか?”

 

いつもそればかり考えながら生きていたので、自分が本当は何を感じているのか、何を考えているのか、ということを素直に周りの人に伝えることをあまりしてこなかった。

 

そして家でも、僕はそんな自分の葛藤を素直に出せなかった。

充実して、うまくやっているように、親にも感じてもらいたかったので、そんな想いを感じていることを素直に伝えることができなかった。

 

僕は、自分が感じていることを素直に伝える、コミュニケーションをするということが、少しづつ苦手になっていった。

 

 

もちろん、

いつもいつもそんなに悲観的な状況だけではなかった。

こうして書くと、何だかても暗い内容になってますが。。

 

ありがたいことに、本当に良き友達や仲間、先輩後輩、先生方にも恵まれて、支えられてきた。

いじってもらえるって、こんな幸せはないなって、いつも思ってます。笑 やはりM?

 

 

前置きが長いですが、今回ここに記したかったのは、

そんなコンプレックスを武器に変えていこうということ。

 

コミュニケーションで人との関係を作るのが苦手だった分、

見た目やセンスを磨いて、人の気を引こうとする術には、少しだけ長けていたようにも感じる。

 

それしかできなかったので。

 

その、”見た目を整える”という術を、スキルに変えていこうと、思ったのです。

 

と、いうことで新しくWEBデザインを8週間集中で学ぶことにしました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-02-12-0-35-51

WEBサイトのデザインや画像編集、その他にも紙媒体のデザインなど、そのスキルを高めたいと思っています。

このサイトもどんな感じにしていけるか、楽しみです!

 

もし、今後のこのサイトの成長を見て頂いて、”こんなサイトを作りたい!”という方が万が一いましたら、僕の実践練習として喜んで作らせて頂きますのでご連絡下さい!笑

 

それではまた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yuta Suzuki, 未分類 0 comments on つながり。

つながり。

めずらしく早起きしています。

”追う”姿勢で生きようと決めたなら、まずはそこからかなと。

 

数年前の話ですが、友人の結婚式、新婦のスピーチで、

「私にとって、一番大事なものは”人”です。」

と言っていた。

 

すごく心に残るスピーチだった。

 

でも、納得はできるのに、何故かそれを100%受け入れられない、認めたくないような自分がいたのが正直なところだった。

 

今、思うと、それはうまく人とのつながりが築けていなかった自分を、認めたくなかったからだと思う。

素直な自分を、周りの人にうまく伝えきれていなかったからだと思う。

 

「人見知りだから」なんて言葉で片付けてしまいがちだけど、そう言って埋めようとしていたのは他人との距離感よりも、むしろ自分の寂しさ。

 

本当は自分をわかってもらいたい、でも素直な自分を伝えることで嫌われたくない。

そんな想いがあって、人との距離感を意識して話すことが多かったように思う。

 

こうしたカタチでBLOGに想いを綴らせてもらって、読んで頂けること。

とても嬉しいです。

 

そして旧知の友達を含め、新たなつながりを作っていこうとしている自分に、今はワクワクしています。

 

少しづつそんな輪を広げていけたらと、思っています。