オーストラリアでの暮らしも変わりました。

Posted Leave a commentPosted in Archive

4月に入っても、昼間の日差しはまだまだ暑いここオーストラリア。 新型コロナ感染症の影響はやはり大きく、僕らが暮らしている東海岸のゴールドコーストでも以前とは大きく状況が変わりました。 既にカンタスやジェットスター航空の国際線は完全に停止し、観光収入が主なクイーンズランド州にとっては経済的にも非常に大きい打撃です。 街中のカフェやレストランでも、イートインは原則禁止でテイクアウトかデリバリーのみ。 濃厚接触の可能性のあるヘアサロンやマッサージなど、多数のサービス業についても大きく規制が入り、営業を停止する企業も増えてきました。 そして海外から来ている留学生や移民の多くも職を失い、慌てて帰国をした人たちがとてもたくさんいます。 州によっても感染者数や医療キャパシティの状況は大きく異なりますが、政府としては企業や個人への経済対策をGDPの約10%に当たる物凄い規模で、しかも驚くくらいに大胆かつスピーディに行っています。 【国別の経済対策支援規模】 オーストラリア:9.7% (←!!!) カナダ:6% ドイツ:4.5% スイス:6% ニュージーランド:5.4% 日本:0.1% 例に漏れず僕自身も、ある日突然、収入の半分以上を占める仕事がなくなり、呆然としました。 ある程度予測はしていたものの、思っていたよりも急だったので、その状況に困惑してしまいました。 とは言え、切り替えて考えないと仕方がない!ということで、新しい仕事を始めることになりました。 ちなみに今の僕らの状況としては、学生ビザの期間が終了し、卒業生ビザというフルタイムで働くことができるビザが正式に認可されるのを待っている状況です。 この卒業生ビザを保持できる期間、およそ来年末までにいよいよ永住権を申請できるだけの諸々の条件を満たす必要があります。 内容は非常に複雑なのですが、大事になってくるのはこれまで(と今後)の職務経験です。 話が少し逸れましたが、現在お仕事をさせてもらっているのはグローバルスカイ・エデュケーション・グループの幼児留学事業、BuildingLink Internationalというローカル企業でのソフトウェア及びメディア事業、そして新しく始めたのが日本にあるTech Academyというオンラインのプログラミングスクールのメンター、これら3つがメインで、その他にも知人のウェブマーケティングなどを少しお手伝いさせてもらったりしています。 これだけ厳しい状況下で、ありがたいことにお仕事を頂けているので、本当にとても感謝しています。 まずは自分ができることを積み重ねて、しっかりと永住権取得までの道筋を着実に立てていきたいところです。 とは言え、今は、そしてこれからは、ますます何が起こるかわからない、そんな時代。 資本となる体力と健康の維持を怠らず、社会や経済の変化に対応できるための資産やスキルの流動性を高めるためにも、日々の一歩一歩を着実に積み重ねていけるような、そんな生き方をしたいと思っています。 新型コロナの長期化、経済の混乱、社会的価値観の大きな変容など、これから本当にどうなるのか。 でもその、どうなるのかわからない、という曖昧さを前提に生きていくことを前提にして、人との関わりや仕事とスキル、日々の過ごし方について、計画していかなければいけないタイミングなのだと、強く感じています。 移民という比較的弱いポジションだからこそ、国やセーフティネット的なものに必要以上に依存することなく、個人として、そして共に生きていくコミュニティを築いて、育んでいく必要があるのかもしれない。 以前よりも人との物理的な距離が遠くなった今、必要とされる新しい価値は何か? テクノロジーを活用して解決できることと、テクノロジー偏重になってしまう脆弱さの両方を頭に入れながら、これからの自分に何ができるのかを今一度考えているこの頃です。 久しぶりに長文を書いたせいでまとまりに欠けていますが、、一言でまとめると、 「誰か一緒にZoom(オンライン動画通話)で飲みませんか?」 とりあえずそんな結論になります。 だって、しばらく日本に帰れないし…。 こっちのパブはやってないし… 👉👈 とりあえず、最後までお読み下さりありがとうございました! どうかみなさま、体調管理には気を付けて、新しい季節を明るく楽しく過ごしましょう〜❗️

オーストラリア移住生活:2年10ケ月目

Posted Leave a commentPosted in Archive

一時的に止めていたサーフィンを、 週末に訪れたByron Bayで再開したら、 時間が経つのを忘れて夢中になった。 あぁ、帰ってきたなぁという感じがした。 今、僕は38歳。 41歳の妻との夫婦生活は、もうすでに12年目(たしか)。 改めてオーストラリアに移住した理由を思い起こしてみる。 ポジティブな面では、 ・海外で働き、生活をしてみたい ・暖かい海辺の街で暮らしたい ・挑戦をしたい 反面、少しネガティブな面では、 ・自分の未来にワクワクしなかった ・子どもを授かれずに悶々としていた ・他人の生活を羨んでいた そんな時に夫婦で訪れたByron Bayで、 溢れる自然と、スタイリッシュなカルチャーを持つ人々に魅力されて、 “この国に住みたい” 二人で共に、そう思ったのでした。 そんな思い出の地、 Byron Bayで再開したサーフィン。 また新しい、自分たちのストーリーが始まった気がしています。 日本で暮らしていた頃の自分とは違う、 それまでのレールを外れた未来を選択した僕ら。 大自然に囲まれて、心からリラックスしていると、何だか自分が本当にここオーストラリアで暮らしているのか、これが本当に自分たちのストーリーなのか、わからなくなりそうな時があります。 でも同時に、これが自分たちが選択した、覚悟を持って決意した自分自身のストーリーなんだということを、強く、感じることもできるようになりました。 平和で安全、そして安心。 それなりに充実していたけれど、 どこか物足りない日々。 そこからの、オーストラリア。 こちらに来て味わった悔しさや寂しさ、不安や葛藤、そんなものをすべてエネルギーに変えたら、以前よりも充実した毎日が送れるようになりました。 おかげさまで、二人とも元気で健康に暮らしております。 そして、今年はどこかのタイミングで、IVF(顕微授精)にもチャレンジしたいなぁと考えています。 二人のコンディションも良く、まだまだチャンスはあると思っているので。 先の読めない時代だから、というふうに捉えるべきなのかどうかはわかりませんが、その時その時に自分が感じたことや、出会ったご縁を大切にして、身近なところから、自分にも周りにも幸せを感じられる瞬間を作っていきたいなぁと考えています。 No Wife No Life やはりここから。 できる限り、幸せな時間をたくさん作ってあげたいなぁと、そのためにこれからも頑張っていきたい。

結婚12年目。

Posted Leave a commentPosted in Archive

新しい場所で、 新しい出会いを求めて。 Pottsvilleという小さなBeach Townで、新しいmeet upイベントを始めることにしました。 オーストラリアには、世界中の様々な国から移り住んできた方たちが多いので、お話をするだけでも、とても楽しいです。 日本に行った時には驚いたことや、オーストラリアの素敵なところ、仕事や生活に関する価値観など、他愛もないおしゃべりから学ぶことや気づくことがたくさんあるので、とても有意義な時間です。 初回を始める前から、既に30人以上のメンバーがらjoinしてくれてテンションが上がったところで、血迷ってTシャツも作ってしまいました。誰かいりますか?笑 「このエリアで初めてのmeetupのイベントだっから、嬉しかったわ!」 「あの人がすぐ近所に住んでるなんて今まで気付かなかったけど、今日のイベントのおかげで知り合えて良かった 笑」 しかしこんな小さなローカルタウンで、こんなに日本に詳しい人が多いのにびっくりしたななぁ。 「仙台ノ道ノ駅ハベスト!」   wow.. とにかく喜んで頂けて気を良かした僕らは、いつも通りに海で入水。 リフレッシュタイム、done。 これまた濃い街、Mullumbimbyへ。 かずは、サインの角度を修正中。 このあたりは街によって、ローカルの雰囲気も異なるし、教育水準や所得レベルに価値観も、大きく変わる。 もしも僕らに子どもが出来た日には、どんな場所で、どんな暮らしをするんだろうか? サインの角度も直ったみたいなので、無事に次に移動。 午後。 ご縁があって動画編集のお手伝いをさせて頂いた、マインドフルネス瞑想のインストラクターをされているEmiさんと。 何よりも、いつもハッピーオーラ満載の方で、好きです。 素晴らしい環境にお住まいで、自然や自分とコネクトする、何とも心地良さげなライフスタイルを送られています。 日本でもイベントをされているそうなので、ご興味のある方は是非! http://mindfulness-project.jp/siy/ さて、次はByron Bayへ移動して。 偶然にもdesignerでスタイリッシュサーファーのLaureとばったり。 みんなに愛されるキャラ。教えて欲しい、そのHow to😆 嬉しいタイミングを言い訳にしつつ、心地良い音楽につられて、ローカルのジントニックを一杯。 やっぱりこれ。自分史上、ベスト of ジントニック。 低音が身体の内側に響く。 気持ちいい。 そういえばということで、先月迎えた結婚11周年のメモリアルに、思い立って記念日ディナー。 あんまり普段は外食しないんですが、ここは美味しくて気に入ったBarrio。 うーん、僕ら的には贅沢したなぁ。しかしどれも美味しくて満足。 帰り道。 夜の明かりをなるべく離れて、海辺に星を見に。 写真には撮れてませんが、星ってこんなにあるんだな、というか向こうの星から見たら地球はただのone of themだな、気楽にいこう、そんな想いにさせてくれた星空。 脈絡があるようでありませんが、そんなことを感じた夜。 北風が温かい、ここは南半球。 今日も明日も、人生のまさに今ここにある1日。 楽しんで、 がんばって、 精一杯燃焼して。 出来る限り振れ幅の大きい人生を、これからももっと進んでいきたい、 そんなことを、考えていました。 おわり😄

2年3ヶ月が経ちました。

Posted Leave a commentPosted in Archive

2017年6月にオーストラリアへ来てから、 今月で2年3ヶ月が過ぎました。 僕らにとってこの移住という選択は、 それまでの葛藤や憂鬱からの逃避でもあり、 新しい未来へのチャレンジでもありました。 周りの方からは、 「大丈夫なの!?仕事は?お金は?」 「すごい!憧れる!」 「ぶっ飛んでるな!笑」 賛否両論ありながらも、 周りの意見にに左右されないような、 そんな覚悟を持って決めた選択でした。 改めて振り返ってみると、 ●良かったこと ・チャレンジしている自分が好きになれる ・新しい出会いがある ・成長できる ▲辛いこと ・家族や友達と離れてさみしい ・お金や将来に不安を感じる ・言語の壁 ざっとこんなことを感じます。 ただ、 自分が求めていたのは、 ●>▲の環境だったので、 この選択には後悔はありません。 「孤独」という言葉からは、 少しネガティブなニュアンスも漂いますが、 圧倒的に孤独な環境に自らを置くことで、 見えてきた素直な自分、 変化した(せざるを得なくなった) 新しい自分とも出会いました。 多分この感覚自体が、 それまでの僕に必要だったものなんだと、 今は思います。 嫉妬やプライド、 孤独と充実、 感謝に焦燥感。 色々とありますが、 この感情の振れ幅の広がりみたいなものが、 日々の充実や未来への期待を作っている気がします。 結婚して12年。 未来の僕らの子どもにも会えるように、 引き続き妊活にも取り組んでいます。 2人ともこれまで以上にコンディションが良くなってきているとお墨付きを頂けたので、 いずれ僕らも我が子を授かれることができたらいいなと、程良い期待感で楽しみに思っています ちなみに次回は、 来年の1月下旬から2月頭に帰国することにしました。 母親の誕生日もあるので、 充実した時間が過ごせたらいいなと思っています。 ありがたいことにお仕事面では、 Webサイト制作や動画制作などのお仕事も頂けるようになってきたので、窓口用にページを作ってみました。 http://vibes-creation.com/ 自分だけだと全てをお引き受けできないので、一緒にお仕事をして頂ける方を募集中です! また海外の仕事も受注したい、という方も募集しています。 […]

オーストラリアへ帰ります

Posted Leave a commentPosted in Archive

これからオーストラリアへ帰ります。   いざ日本で二週間を過ごしてみると、 なんだかんだでやっぱりここが故郷なんだなと実感しました。   久々に会えた友人や家族と過ごした数日は、心安らげる貴重な時間でした。   正直、オーストラリアでのここ数ヶ月の生活には少し疲れていて、不安や焦り、寂しさにひしがれる日々が続いていたような気がします。   日本の住民票も抜いて、国民年金も払うのを止めて、オーストラリアでの永住権取得を目指して仕事も生活のあてもないまま旅立ったのがちょうど今から二年前。   英語でのコミュニケーションは、日常生活では問題ないとは言え、ビジネスの場面ではまだまだ課題は多い。   それにもともと自分からアグレッシブに話をするタイプではないけれど、気の置けない仲間と心を通わせるような会話が日常的にできないということも、知らない内に自分の中にストレスが溜めこむことになった原因だと思う。   振り返ってみれば、資金面だってギリギリな状態だったのに、自分でもよく来たなぁと言うのが正直なところ。   東京に住む親も難病を抱えている中、本当にこの選択でいいのか、迷いはどうにか振り切ったけど、痛い程の葛藤と未だに日々向き合ってもいます。   とはいえ、オーストラリアでの生活は美しい自然と、温かい人々に囲まれて、快適そのもの。   サーフィンを一旦止めてからほぼ一年。それでも大好きな海と戯れている間は、心の隙間が埋まる気がする。   オーストラリアでの永住権は取れるのか? 日本に住む家族は安心して毎日を暮らしていけるのか? 子供を授かることは出来るのか? 僕らは未来を、今をどう生きるのか?   これからオーストラリアで僕が実現したいことは、 「大人が毎日をわくわくして過ごせる未来」。   小学生の時、テレビ越しに魅了されてサッカー選手。 学生時代、切磋琢磨しながらも尊敬していた仲間。 社会人になって、信念や夢を持ちながら自分らしく生きている大人への憧れ。   嫉妬だって、少なくない。 自分ももっと、という想いがいつもつきまとう。   でも、それでいいんじゃないか。 だから、諦めきれずに日本からオーストラリアに来た。   三十代後半、 取り立てて何か、 持ち合わせているわけではない。   そんな自分が、 これからの日々をわくわくして生きるために選んだ、この生活。   こんな自分が、 今日も明日もわくわくして生きることが、 小さくとも、 結果的に何かインパクトを与えるのではないかと思う。   それならば僕は、 何物にも囚われず、 […]

Do not hesitate to face yourself – できない自分と戯れろ

Posted 1 CommentPosted in Archive

Today was the day for my new challenge, that is NEW MEETUP, “Web Consulting @Byron Bay【FREE】”.   This time, I talked with Michael (Thanks for joining today!) about concrete steps for building and developing website for business Web server contract Website building (WordPress) Get your own domain (URL) Connect with SNS I think using WordPress is […]

ヌーディストビーチのほとりで。

Posted Leave a commentPosted in Archive

予想外にも、土曜の朝は晴れスタート。 よく見ればダブル。 かずの職場が、少し離れた場所になりそうなので2台目の車を購入。 手堅く、安心のトヨタにお世話になります。 向かったのは、先週に引き続きByron Bay。 雨上がりの蓮が、綺麗に咲いていました。 写真はないのですが、しばしティーツリーレイクで泳いだ後、ビーチでも少し波と戯れる。 よく見ると、看板が。 “This is not clothing optional area.” つまり、実は隣はいわゆるヌーディストビーチだったわけですね。 どうりですれ違った人が裸…。 今度、行ってみようかな。 この綺麗な海で、裸で泳いだら気持ちよいはず。(昔、湘南でこっそり友達と裸で泳いだことがあるのはナイショ) あれは気持ち良かった〜。   そして、そんなエリアから車で1分。 行ってみたかった、新しいエリアをちょうど発見。 おしゃれなコワーキングスペースに、健康志向のカフェ、これぞライフスタイル提案型というようなバイカー&アウトドアファッション&ヘアサロン併設&ギア&フードショップもあり。   しかし、何故かバイロンベイに来るたび感じるのは、どことなく日本のインスピレーションが垣間見えるところ。 Matchaやら和紙やら、ワビサビなんてフレーズも、ここオーストラリアで目にする不思議。 鉄道マニアではありませんが、噂のソーラートレインをパシャリ。 次は、メインエリアへ。 みなさん、昼間からやってます。 よく、「バイロンベイって、どんなとこなの?」と聞かれます。 もちろんたくさん魅力があるんですが、 うまく言葉で伝えるのは少し難しいんです。(ボキャブラリー不足も?) ただ、そこに集う人々が醸し出す空気感やセンス、内向さ。 それがきっと、僕らを惹きつける魅力の一部な気がします。 みんな各々、寛いでます。 独特の雰囲気。 日本語の看板も。 5月末から6月11まで、日本へ一時帰国予定です。 お時間合う方、是非お会いしましょう〜!  

新しい街へ。

Posted Leave a commentPosted in Archive

考えごとがうまくまとまらない時は、なるべく遠くに行ってリフレッシュするようにしている。     見たことのない景色を想像して、ワクワクしながら先を目指す。     ここはBrunswick。 僕らの住んでいるQueensland州のRobinaから、南へ車で約50分。     田舎って、何だっけ。 というくらいに、場所的にはもう海と山に囲まれてポツンと佇む本当に小さい街なのに、立ち並ぶお店やカフェも、訪れる人々もみんなスタイリッシュ。   ふと、街角にあった不動産屋のチラシを覗いてみたら、飛び上がるほどの家賃の高さ。 高い所で月100万円って。。うちの何倍や。     途中に訪れたブティックで、思いがけず日本語で話しかけられた僕ら。 お互いのファミリーのこと、仕事のこと、生活のこと。 初対面でもすぐに打ち解けて、プライベートな話ができるのはとても居心地が良い。     子供を授かりたいと思っているんですよ、と伝えると温かい言葉で応援してくれた。 店を出てあたりを散策して、さてそろそろランチに行こうかと思って再び店先を通った時。   “This is for you” そういって、子供を授かると言われている貝をあしらった、ヴィンテージのアクセサリーを頂いた。   新しい場所を訪れることで、思いがけずに恵まれた素敵な出会い。 想いと時間が刻まれたそのギフトに、僕らは心を温められた。     DJワークショップ、参加してみたいな。   夕暮れまでまだ時間があったので、少しByron Bayへ。     見所たくさん、興奮しっぱなしで、写真をほぼ撮り逃してますが、ここでもたくさん素敵な出会いが。   親子でヨガウェアを作って日本にも展開をしようとしているショップオーナーの方と出会い、しばしウェブサイトの相談に乗ったり、そのストーリーを伺ったり。   ここ、Byron Bayの魅力は、人にあるんだなと実感した。   中心部よりもサバーブの、このローカル感がまた堪らない。   ほんの週末。 週をまたいだone day short trip。 […]