Archive

オーストラリアへ帰ります

これからオーストラリアへ帰ります。

 

いざ日本で二週間を過ごしてみると、

なんだかんだでやっぱりここが故郷なんだなと実感しました。

 

久々に会えた友人や家族と過ごした数日は、心安らげる貴重な時間でした。

 

正直、オーストラリアでのここ数ヶ月の生活には少し疲れていて、不安や焦り、寂しさにひしがれる日々が続いていたような気がします。

 

日本の住民票も抜いて、国民年金も払うのを止めて、オーストラリアでの永住権取得を目指して仕事も生活のあてもないまま旅立ったのがちょうど今から二年前。

 

英語でのコミュニケーションは、日常生活では問題ないとは言え、ビジネスの場面ではまだまだ課題は多い。

 

それにもともと自分からアグレッシブに話をするタイプではないけれど、気の置けない仲間と心を通わせるような会話が日常的にできないということも、知らない内に自分の中にストレスが溜めこむことになった原因だと思う。

 

振り返ってみれば、資金面だってギリギリな状態だったのに、自分でもよく来たなぁと言うのが正直なところ。

 

東京に住む親も難病を抱えている中、本当にこの選択でいいのか、迷いはどうにか振り切ったけど、痛い程の葛藤と未だに日々向き合ってもいます。

 

とはいえ、オーストラリアでの生活は美しい自然と、温かい人々に囲まれて、快適そのもの。

 

サーフィンを一旦止めてからほぼ一年。それでも大好きな海と戯れている間は、心の隙間が埋まる気がする。

 

オーストラリアでの永住権は取れるのか?

日本に住む家族は安心して毎日を暮らしていけるのか?

子供を授かることは出来るのか?

僕らは未来を、今をどう生きるのか?

 

これからオーストラリアで僕が実現したいことは、

「大人が毎日をわくわくして過ごせる未来」。

 

小学生の時、テレビ越しに魅了されてサッカー選手。

学生時代、切磋琢磨しながらも尊敬していた仲間。

社会人になって、信念や夢を持ちながら自分らしく生きている大人への憧れ。

 

嫉妬だって、少なくない。

自分ももっと、という想いがいつもつきまとう。

 

でも、それでいいんじゃないか。

だから、諦めきれずに日本からオーストラリアに来た。

 

三十代後半、

取り立てて何か、

持ち合わせているわけではない。

 

そんな自分が、

これからの日々をわくわくして生きるために選んだ、この生活。

 

こんな自分が、

今日も明日もわくわくして生きることが、

小さくとも、

結果的に何かインパクトを与えるのではないかと思う。

 

それならば僕は、

何物にも囚われず、

行きたいところへ行き、やりたいようにやって、

毎日を過ごしていきたいと思う。

 

でも実は、それってなかなか難しい。

 

だからたまにそっと、

支えてくれるような仲間が、

僕には必要です。

 

そして僕もいつも、

誰かの支えになれるように、

素直な想いを、伝えていきたい。

 

高校時代の仲間(+嫁ご両親)とサッカー観戦。

 

大学時代の友人と。

 

高校サッカー部の数名と。

 

嫁の友人と。

 

家族で行った鎌倉。

 

しばしのお別れ。母を見送る娘。

 

憧れの人にも地下鉄で遭遇。

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *