Archive

ヌーディストビーチのほとりで。

予想外にも、土曜の朝は晴れスタート。

よく見ればダブル。

かずの職場が、少し離れた場所になりそうなので2台目の車を購入。

手堅く、安心のトヨタにお世話になります。

向かったのは、先週に引き続きByron Bay。

雨上がりの蓮が、綺麗に咲いていました。

写真はないのですが、しばしティーツリーレイクで泳いだ後、ビーチでも少し波と戯れる。

よく見ると、看板が。

“This is not clothing optional area.”

つまり、実は隣はいわゆるヌーディストビーチだったわけですね。

どうりですれ違った人が裸…。

今度、行ってみようかな。

この綺麗な海で、裸で泳いだら気持ちよいはず。(昔、湘南でこっそり友達と裸で泳いだことがあるのはナイショ

あれは気持ち良かった〜。

 

そして、そんなエリアから車で1分。

行ってみたかった、新しいエリアをちょうど発見。

おしゃれなコワーキングスペースに、健康志向のカフェ、これぞライフスタイル提案型というようなバイカー&アウトドアファッション&ヘアサロン併設&ギア&フードショップもあり。

 

しかし、何故かバイロンベイに来るたび感じるのは、どことなく日本のインスピレーションが垣間見えるところ。

Matchaやら和紙やら、ワビサビなんてフレーズも、ここオーストラリアで目にする不思議。

鉄道マニアではありませんが、噂のソーラートレインをパシャリ。

次は、メインエリアへ。

みなさん、昼間からやってます。

よく、「バイロンベイって、どんなとこなの?」と聞かれます。

もちろんたくさん魅力があるんですが、

うまく言葉で伝えるのは少し難しいんです。(ボキャブラリー不足も?)

ただ、そこに集う人々が醸し出す空気感やセンス、内向さ。

それがきっと、僕らを惹きつける魅力の一部な気がします。

みんな各々、寛いでます。

独特の雰囲気。

日本語の看板も。

5月末から6月11まで、日本へ一時帰国予定です。

お時間合う方、是非お会いしましょう〜!


 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *