“Happiness is only real when shared” 【オーストラリア移住をした30代夫婦のブログ】






オーストラリアのゴールドコーストに移住して、今日で5ヶ月が経ちました。

 

SNSでも、日々の生活をポストしていますが、おかげさまで順調に、幸せなシンプルライフを満喫しております。

 

海沿いの暮らし、

毎日のサーフィン、

やりがいのある仕事、

リラックスした生活環境、

過ごしやすい気候、などなど。

 

今、自分が幸せに感じている要素をあげると、こういったものが思いつく。

 

でも、久しぶりに見たこの映画でわかったことは、

自分を幸せにしてくれているのは、

これらの素晴らしい体験を「シェア」できるファミリー、友達、同僚、仲間、日々出会う人々がいることなのだと改めて感じた。

 

 

この「Into the wild」という映画は、幼い頃から何不自由なく裕福な家庭で育ち、エリートコースを進んでいた主人公が現代社会に疑問を感じ、全てを捨てて一人アラスカを目指し、そこで暮らす日々を描いたもの。しかもこれは実際にあったノンフィクションストーリーとのこと。

 

自然と戯れ、誰にも縛られない暮らしを送り、念願だった究極の自由を手に入れた主人公がその人生の最後に残したメッセージとは。

 

“Happiness is only real when shared”

(幸せは、誰かと共有して初めて現実となる。)

 

 

僕が今こうして幸せな日々を送れているのは、夢だった海沿いのビーチライフを手に入れたことでも、海外移住を果たしたことでも、念願だったサーフィンライフを送っていることでもなく、この満たされた気持ちを友人や同僚、家族や仲間とシェアできる、そんなツールとタイミング、そして人に恵まれたからなのだと改めて気付きました。

 

人は一人では生きられない。

いや、このストーリーの主人公みたいに生きられるかもしれないけど、それでは味気ない。

 

もっともっと、人にどう思われようとか気にせずに、なるべくたくさんの体験や気持ちをシェアしていこう。

 

 

今日は朝からサーフィン→かずと海でひと泳ぎ→図書館へ→かずの仕事探し→友達の家でくつろぐ→ヘアカット→映画鑑賞と、充実した1日でした!

 

かずも、緊張しながらもアグレッシブに職探しにトライして、またひとつ経験と自信を得た様子💪

 

ホッとした顔を見ると、こちらも安心します😀

 

近いうちに良いご報告ができるよう、力を合わせて頑張りたいと思います❗️

 

それではまた⭐️

 
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

 

 




 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です