「海外移住して、仕事をするには。」【オーストラリア生活 Day4】

投稿日:





今日からかずは、語学学校がスタート!

キャンパスへのバスを待つ間に、犬に癒されほっと一息。

そして授業のオリエンテーションを終えて、クラス分けのテストを受けた結果は…、

 

5つのレベル別のクラスのうち、下から2番目…、

いや、上から4番目のクラスだそうで。。 笑

 

なにはともあれ、楽しくやっていけそうとのことで一安心です^^

僕はというと、Southport Libraryという公共の図書館で朝から仕事探し。

ちなみにここは、誰でもIDがあればLibrary memberになることができます。

そしてvisitorでもwi-fiはフリー、快適です。

そして仕事についてですが、こちらに来る前からあらゆる転職エージェントを使って仕事を探してみたのですが、僕に合った案件は見つけられず…。

 

ちなみに、いろんな方の意見を参考にして、僕が使っていたエージェントはこの3つ。

結果は出せなかったのですが(涙)、「使いやすさ」・「案件数の多さ」・「サポート」をもとに個人的なランキングをまとめてみました。

1.リクルートエージェント

案件数が多く、転職支援実績No1. エージェントからのサポートも手厚く、世界各国の広い地域をカバーしています。とりあえずここに登録すれば事足りる気もします。

 

2.JACリクルートメント

英文履歴書を無料で添削してくれたり、英語面接の対策を行ってくれるサービスもあるので便利!他のエージェントにはない、レアな案件もあります。

3.BIZREACH(ビズリーチ)

高所得の案件が多い印象で、自分のプロフィールや職務経歴、希望などに沿った仕事のスカウトメールが多数来るので、こちらも登録しておくと便利です。

 

 

ただし、僕の場合は上記の方法ではうまくいかなかったので、大学の友人(まいちゃん、その節はありがとう^^)に紹介してもらったオーストラリア在住のエージェントに相談したところ、

 

「ビザを取得してから、現地で直接探した方が効率的です。」

 

と、言われ、事前に仕事を確保することを断念。

 

現地に入ってから仕事を探すことにしたのでした。

 

そして今は、下記の4つの方法を試してみています。

 

1.日豪プレス

言わずと知れたオーストラリア国内に関する求人や住まい探し、個人間の商品売買など、幅広い日本語情報ポータルサイトです。ちなみに僕もここでシェアメイトを見つけました!

 

2.SEEK

オーストラリアを代表する求人サイト。とにかく案件数が非常に多く、様々な地域をカバーしている大手。

 

3.Gumtree

求人だけでなく、商品売買などの掲載件数が非常に多い定番サイト。ただし、中には怪しい?案件もあるのでしっかりと見極めることが大切。

 

4.SNS・紹介

実感としては、これが一番今のところ手応えを感じています。やはりゼロから信頼を築いていくよりも、ある程度自分のことを理解して下さっている方からのご紹介は展開が早いです。ただ、繰り返しになりますが、僕はまだ仕事を確保できていませんが。。^^;

 

今は主にwebサイトのディレクションやillustrator・photoshopを用いたデザイン、バナー広告などの制作、そして記事のライティングなどの仕事を、日本とオーストラリアの両方から募集している状況です。

 

ちなみにまだ制作途中でアレですが、、自分でもウェブサイトをゼロから制作することができるようになりました!

<web>
Designed by Yuta Suzuki

 

レスポンシブ対応ですが、スマホ画面で見るとまだレイアウトが怪しいですね。。

できればPCでご覧ください。。いえ、精進します!!(笑)

 

ただこれで、一応はひと通りHTML・CSS・jQuery、wordpressなどが使えるようになったので、そのあたりの案件も少しづつチャレンジしていきたいと思っています!

今日はその他、銀行口座の開設やデビットカードの申請に、

自転車の調達やTax File Numberの申し込み手続きなどをしていました。

少しづつ、生活の基盤が整いつつあります。

 

仕事探しの進展がありましたら、またご報告しますね^^

 

最後に、、

いつもはてなブックマークをして下さっているみなさま、本当にありがとうございます‼️

どなたが押して下さっているのか、実はいつも楽しみにチェックをするのが日課の毎日です 笑
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です