お互いの仕事の合間に、今日も友達と久しぶりの再会をすることができた。

とあるJリーグクラブの広報を務める彼とは、高校の時からの友人。

いつもヘラヘラしていて頼りなく見えるけれど(笑)、実は根はアツくて、一本筋の通った考え方を持っているのを僕は知っている。

忙しい中でも、僕が海外へ移住することを知って駆けつけてくれた、心から信頼できる仲間。

僕らは部活のサッカーを通じて、無条件にお互いを信頼し合えるような関係を、いくつも築くことができた。

”信頼”という、目に見えない漠然とした気持ちの拠り所は、そう簡単に短時間で作りだすことはできないけど、だからこそとても価値があるモノ。




どんな仕事をしていたって本当に大事なことは、その仕事が信頼をされるのか?商品やサービスが信頼できるのか?担当者は信頼ができる人間なのか?それに尽きるはず。

僕はこれから、オーストラリアという新しい場所で、新しい信頼を築いていかなければいけない。
じっくりと地道に、少しづつ。

でも、それができるのなら日本でだって海外でだって、そして何の仕事をしていたって、人を喜ばせるだけの価値を生み出すことは簡単なはず。

ただ、今はそのノウハウや経験と、時間の積み重ねが足りないだけ。
今の僕らなら、きっとどこでだってやっていけるはず。

ありのままの自分をさらけ出して、夢や葛藤を共有させてもらってから、いろんな人との心の距離が近くなった気がしている。

自分から人を信じて頼ってみることで、相手との距離を測ることができて、お互いの関係を確認することができた。

「あ、自分にはこんなにたくさん、居心地の良さを感じられる場所があったんだ!」
そんな嬉しい発見があった。

友達との短い再会の帰り道、不思議と自分に自信を感じた。

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です