「不安は、なくさなくていい。」


慎重派な僕は、何をするにも調べて、準備して、考えてから行動するタイプ。

今回の移住計画についても、調べれば調べるほど厳しい現実が見えてきて、不安になった。

これまでならそこで、

「あぁ、やっぱり実際には海外に住むのは難しいんだな。」
「ビザを取るのも厳しくなったし、うまくいかない可能性の方が高いな」

そう考えて、やりたいことがあっても自分をストップさせてきた。




でも今回は、不安な気持ちが出てきた時に、前向きな要素を探して不安を消そうとせずに、不安を感じたままチャレンジする、という決断ができた。

不安を片手に抱えつつも、もう片方の手に今持っている自信とできることを集めて、どうしようか考えてみた。

その時に感じたのは、

”めっちゃ不安だけど、でも割と自分にだってできるかもな。”

そんな感覚だった。

”英語だってそれなりに話せるし、webのデザインやコンテンツ記事も作れる、コーディングだって学んだし、それなりに仕事を作り出せるかもな”

そう思った。

今日お会いした暁星サッカー部の大先輩の宮さん(残念ながら写真を撮り忘れました。。)が仰っていた、

「仕事で独立した人だって、みんな同じように最後に決断をする時には、”エイやっ!”ってジャンプするような気持ちなんだよ。」

っていう言葉には、すごく納得させられました。

みなさん、そうして一歩を踏み出してきているのですね。
とても勇気付けられました。

そして夜には、これまたサッカー部の同級生と食事。

プロになった友達や、仕事で独立した友達。
本当のところはわからないけど、少なからずみんな不安から逃げずに戦って、勇気を出して一歩を踏み出してきたんだろうなと、勝手ながら感じています。

今回の決断を通して自分自身が大事だなと感じたことは、
”不安をかき消すことはではなく、今ある自信とできることを、客観的に集めてそれを眺めてみること。”

自分だって意外に出来ることあんじゃん。
そう思えたら割と、何だって出来る気がしてくるもんだなと、少し自分自身にたくましさを感じることができた1日でした。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です