好きな人シリーズ。


3747

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

三浦知良さん

引用 http://www.jleague.jp/news/article/3747/

 

サッカーをしていたら、憧れない訳はない。

 

プレーも、ダンスも、生き方も。

小学生の時からずっと、魅了され続けてきた。

 

走り方も、フェイントも、佇まいも。

真似したことはあったけど、足は速くならなかった^^;

 

その背中を見続けることができて、幸せな時代に生きていると思う。

 

 

news_xlarge_kj2

降谷建志さん

 

男らしくて、骨太で。

温かくて、優しさが溢れるその感じ。

 

高校の時、好きだった曲の歌詞をこっそりノートに書き溜めていた。

でもそれが、いつの間にか友達にバレていて、気づいたらみんなに知られていて、めっちゃ恥ずかしかった 笑

 

傷つきながらもいつも前向きに、そして周りを鼓舞するその姿勢に、いつも勇気付けられてきた。

そしてこれからもそれは変わらないと思う。

 

life_00263pickup

真木蔵人さん

 

サーファー的に、僕的には外せないスタイルマスター。

 

サーフィン、スタイル、生き方、独特なセンス。

全てにおいて、他にはないオリジナルで刺激的な存在。

 

昔、鎌倉の七里ヶ浜でサーフィンしていたら、たまたま遭遇して挨拶をしたら、返ってきたのはただ一言。

 

“Surf.”

 

いきなりで何かよくわからなったけど(多分本人も)、衝撃的だった。

 

アウトサイダー的存在でもあるけれど、むしろそこに惹かれてしまう。

 

1429262811_b

木梨憲武さん

 

学生時代、大人になるのが怖かった時期があった。

 

社会人になったら、毎日通勤電車に揺られて、イヤイヤ仕事して、つまらない日々が来る、そして夏休みはもう来ない。。

 

そう思っていた僕に、大人になってからの方が人生は楽しいと思わせてくれた一人。

 

どこまでもふざけて、どこまでも真面目。

 

その根本に感じる温かさみたいなところに、ホッとするような魅力を感じる。

 

img-01

高城剛さん

 

今、イチバン知的好奇心を刺激される人。

過去よりも、今と未来に面白さが詰まっていることを教えてくれた人。

 

クリエイターとして、何よりも自分自身の人生をクリエイトし、好きなことだけを追求して生きていくそのスタイルに、完全に心惹かれてしまっている。

 

 

 

僕の好きな人。

その、共通点は何だろうか?

 

 

憧れを感じるということは、

つまり今の僕にはないものを持っているということ。

 

そして多分それは、

”突き抜けた生き方”。

 

どこまでも素直に、

自分に忠実に生きる。

 

僕がこのBLOGを通して宣言して、

貫いていきたい生き方。

 

Mr. Kazuyoshi Miura

 

If you are playing soccer, there is no reason not to adore.

 

Play, dance, way of life.

I have been fascinated since I was in elementary school.

 

How to run, Feint and the appearance too.

There was something I imitated, but the feet did not get faster ^ ^;

 

I think I can keep watching the back and live in a happy time.

 

 

Mr. Kenji Furuya

 

It’s masculine, with a bone.

It is warm, that kindness is full of feeling.

 

When I was in high school, I sneaked out the lyrics of the song I liked in my notebook.

But that was unbelievable by my friends, I knew everyone knew when I noticed it, I was really embarrassed lol

 

Even though I was hurt, I was constantly encouraged by the attitude that always looks positively and inspires the surroundings.

And I think that will not change from now on.

 

Mr. Claude Maki

 

As a surfer, a style master that I can not remove.

 

Surfing, style, way of life, distinctive sense.

In all, there is no other original and exciting existence.

 

Once in the past when I was surfing at Shichigahama Beach in Kamakura, if I happened to encounter and greet you, I just returned a word.

 

“Surf.”

 

Suddenly I knew something well (probably also the principal), it was shocking.

 

It is also an outsider presence, but rather attracted to it.

 

Mr. Noritake Kinashi

 

There was a time when I was afraid to be an adult when I was a student.

 

When becoming a society person, every day a commuter train is shaken, I ‘m working on a wire, boring days are coming, and the summer vacation is no longer coming. .

 

To me who thought so, it was one who let me think that life is fun after becoming an adult.

 

Playfully everywhere, serious everywhere.

 

I feel a relaxing charm in a place like the warmth that I feel at its root.

 

 

Mr. Tsuyoshi Takashiro

 

Now, he is the person people who are stimulated intellectual curiosity.

A person who taught me that the interest and excitement are packed in the present and the future than in the past.

 

As a creator, I’m completely attracted to that style of creating my own life and pursuing only my favorite things more than anything else.

 

 

 

My favorite person.

What is the common point?

 

 

To feel yearning,

That means that I have something that I do not have right now.

 

And maybe it is,

“A way to live through”.

 

To be honest,

I live faithful to myself.

 

I declared through this BLOG,

The way of life that wants to go through.

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です