壁なんてなかった。


先日、母校の暁星高校に行ってきた。

 

そして仕事の関係で、サッカー部の林義規監督とお話をさせて頂くことに。

でも、1対1で話をするのは高校以来17年振りくらいだったので、はじめはかなりドキドキした…。

 

正直、部活をしていた頃の僕は、いつも二軍の冴えないただ影の薄いやつ。。

 

そんな僕がお邪魔しても、

 

「そもそも覚えられてなかったら気まずいな…。」

「卒業してもう17年くらい経つし…。」

 

なんて不安や心配ばかり。

 

それでもグラウンドで、林監督の横に座って午後の練習を見ながら1時間ほどお話をさせてもらった。

サッカーの話から、教育、子ども、仕事や家族、いろいろなお話を伺った。

 

相変わらずの迫力と、たまに覗かせる温かくて優しい一面。

昔はただ怖くて近寄りがたかった鬼のような監督も、当たり前だけど自分と同じ人間なんだなと、しみじみと感じた。

 

サッカーがうまくないと認められない。

高校時代にそう思っていた僕は、今こうしてこの場所に戻ってくることができるとは自分でも思っていなかった。

 

でもその壁は、ただ自分が勝手に作っていただけ。

初めから壁なんて、何もなかった。

 

帰り際、体育教官室にお邪魔すると、もう一人の恩師である荒木弘先生がいた。

 

先生というのは、昔の細かいエピソードまでよく覚えているんだなあと本当にびっくりした。

 

「お前らの代は、中学の時、どこどこといついつ試合して◯松がPK外して負けたんだよなァ!笑」

 

僕も覚えていない、自分自身のエピソードまで覚えていてくださって、本当に恐縮した。

そして、すごく嬉しかった。

 

来て良かった。

”壁”は、ただ自分が作ってるものなんだな、と思った。

 

こんな自分でも、なんて言わずに、そのままの自分で進めばいいんだな。

そう思った。

 

The other day, I went to Gyosei high school of my alma mater.

And in terms of work, I talked with Yoshinori Hayashi, coach of the football club.

However, I talked on a one-to-one basis for about 17 years since high school, so I was pretty excited at the beginning.

Honestly, when I was a club activity, I was always the thinner one of the substitute just not a shadow. .

Even though I bother you,

“If you do not remember anything in the first place, awkward ….”

“About 17 years passed since I graduated … …”

How worried and anxious.

Still at the ground, I sat next to Mr. Hayashi and had an opportunity to talk for about an hour watching the afternoon exercise.

From the story of football, I heard various stories from education, children, work and family.

As usual power and a warm and gentle aspect to sneak peek.

In the old days, I felt that the director like a demon who was just scared and could not get close to himself was a common person, though he was a matter of course.

I can not recognize that soccer is not good.

I was thinking so when I was in high school, I did not think that I could return to this place now.

But the wall was just made by me on my own.

There was nothing from the beginning.

When I got in the way back to the physical education instructor ‘s office, there was another teacher, Mr. Hiroshi Araki.

I was really surprised to hear that the teacher remembers well to the fine episodes of the past.

“When you are junior high school students, when you are junior high school, where you are fighting when and where you are and when you are out, Pine has removed PK and you lost!”

I did not remember, even I remembered my own episode, I really regretted.

And I was very happy.

I’m glad you came.

I thought that “wall” is just what I am making.

Even with such a myself, do not say it, I just have to proceed on its own.

I thought so.

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です