不足感


こんなこと言うといやらしいですが、

実は僕、”目立ちたい”んです。

そんな本音の裏側にあった過去の記憶を、今回は少し整理していきます。

前回までのブログにも書きましたが、小学校くらいまでの間、僕はサッカーと勉強ではそれなりに一目置かれる存在でした。

えぇ、これでも。 笑

でも一方で、僕には大きなコンプレックスがあった。

それは、

人よりも色黒だったり、人よりも身体が華奢だったことです。

今思うと、気にする必要のないことにすごくとらわれていたいたなと思います。

でもその時は、学校=社会=世界くらいに感じていたので、周りの友達と違う自分に対して、

「自分は普通の人とは違うんだ」

そんな風に感じていました。

少なからず小学校の時にいじめられた経験もあって、そんな気持ちも大きくなっていき、僕は必要以上に人の目を気にするようになっていった。

(こいつは何でこんなに黒いんだ?)

(日本人じゃないんじゃないの?)

人の視線を感じると、いつもついそんな風に勝手に解釈をしてしまうようになり、自分そのものへの否定感が次第に募っていきました。

それと同時に、なるべく目立たないように目立たないように、と自分の他の人と違う点が注目を浴びないように、控えめに行動をするようになりました。

コンビニの店員さんの視線がすごく怖かったり、

初対面の人と話す時に焦って汗だくになったり、

人と接するのが、苦手になっていきました。

だからとにかく僕は、

ただ”普通”の人と同じように見られたかったのです。

でも一方で、こんな経験もありました。

小学校5年生くらいの給食の時間、当時流行りの曲が教室にあるスピーカーから流れた瞬間、

「あ、この曲知ってる!」

「みんなで歌お〜!」

クラスの女子たちがそう言って一斉に歌い出しました。

僕はその歌を知らず、ただポカーンとしていると、

「雄太、知らないの!?」

「えー、信じられない!」

そんな風に言われ、一人孤独に感じた記憶があります。

それからというもの、一人こっそりとミュージックステーションのランキングチェックと、音楽やファッション雑誌を欠かさず読むようになり、

(もう、あんな想いはしたくない)

と、流行りに敏感で、服装にも気を使う、今でいう”イケてる”男子を装うようになりました。

すると少しづつですが、

”あいつちょっとイケてるかも(今風)”

そんな視線を、感じるようになりました。

(多分)

とにかくこれら全ての体験から、

「人と同じように、なるべく目立たないようにいる」

と同時に、

「本音では注目されたい」

という、いつも矛盾した両方の想いを抱えながら、でもどちらにも振り切れない、煮え切らないストレスフルな生き方をこれまでずっと続けてきました。

そんな自分を解放したい、

自分らしく、好きなことをして、

やりたいことをやる生き方をしたい。

僕にとっての不足感は、

”目立ちたい”ということでした。

親からの自由と、自分の解放。

気分的には、今は何でもできるような気になれた、そんな2016年の年の瀬です。

It is annoying to say such a thing,
Actually, I, “I want to stand out”.
I will organize the memories of the past that were behind such real intention a little this time.
I wrote it in my previous blog, but until about elementary school, I was a sort of subjective focus in football and study.
Well, even this. Lol
But on the other hand, I had a big complex.
that is,
It is a color black than a person, and the body was delicate than a person.
I think now I think I wanted to be trapped by what I did not need to worry about.
But at that time, I felt that school = society = the world, so, for myself different from my friends around me,
“I am different from ordinary people”
I felt that way.
There were also experiences bullied at the time of elementary school, and such feelings also became bigger and I began to care about people’s eyes more than necessary.
Why is it so black?
(You are not Japanese, are you?)
When I felt a gaze of a person, I always interpreted it without permission in such a way, a sense of denial to himself gradually picked up.
At the same time, so that it is not conspicuous not to be noticeable as much as possible, I began to take discreet actions so that the point different from my other person would not draw attention.
The scenes of convenience store clerks are very scary,
When I talk to a person who I met for the first time, I got frustrated and sweaty,
I am not good at touching people.
So anyway,
I just wanted to be seen just like an ordinary person.
But on the other hand, I had this experience as well.
About the fifth grade of elementary school lunch time, the moment when popular songs flowed out of the classroom speakers,
“Oh, I know this song!”
“Everyone singing ~!”
The girls of the class said so and started singing at once.
I do not know the song, just making it a pocane,
“Yuta, you do not know!”
“Er, I can not believe it!”
There is a memory that I felt alone alone, being told in such a way.
After that, one person secretly checked the ranking of music stations and read music and fashion magazines without fail,
(I do not want such an idea already)
And, sensitive to the trend, I care about clothes, now I’m going to pretend to be a “bad guy” boys.
Then, little by little,
“He might be a little cool (modern)”
I began to feel such a gaze.
(Maybe)
Anyway from all these experiences,
“Like a man, it seems not to be as noticeable as possible”
At the same time,
“I want to be noted with real intention”
It has always been a contradictory feeling, but I have been keeping my stressful full way of life, which I can not shake either way, I have kept on ever.
I want to release myself,
Be yourself, do whatever you want,
I want to live a way to do what I want to do.
The feeling of shortage for me,
It was that “I want to stand out”.
Freedom from parents and their liberation.
Mood, like the year 2016, I felt like I could do anything now.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です