「がんばっちゃうと、結果が出なくなる」


昨年8月、二度目の転職をした僕は、

新しい会社にお世話になることになった。

 

’’お世話になる’’というよりはむしろ、

 

「自分がこの会社を引っ張って、成長させるんだ。」

 

そんな気持ちが強かった。

 

当時の僕は、不思議と自分に自信を持っていた。

前職までの経験、勉強してきたこともある。自分は”多少”デキる人間なハズ、と。(恥ず。。)

 

また、同時に周りからの期待とプレッシャーもあった。

 

”引き抜かれて入ったからにはがんばらないと…”

”年齢では周りの社員よりも上の自分が積極的にリードしなければ…。”

 

当時の僕は、マーケティング部の部長として、

会社にとって大きなステップとなる、あるWEB事業のプロジェクトを任されていた。

 

それまで経験のなかった領域ではあったが、任された仕事を成功させるべく、

大量に本を読んだりしながら勉強し、日々奮闘していた。

 

とはいえ、正直に言えば不安だった。

でもそんな想いを口には出せず、自分自身でも見て見ぬ振りをしていたような気が、今はしている。

 

むしろ、”周りに頼る”ということが、自分自身が一人ではできないことを自ら認めるような気がしていて、相談をする回数も減っていった。

 

気が付くと、僕は毎日夜遅くまで、一人でコツコツと”がんばる”ようになっていた。

 

”会社を大きくしたい”

 

そんな気持ちで取り組んでいたはずが、いつしか、

 

”自分の力で結果を出したい”、

”上司に認められたい”

 

そんな想いに変わっていた。

もちろん当時の僕は、そんな自分自身の気持ちの変化に気づいてはいなかった。

 

 

プロジェクト開始から約3ヶ月後、

ほぼ予定通りのタイミングで新サービスをリリースすることができた。

 

でも、結果は望んでいたレベルからは程遠いものだった。

 

そこに費やした時間や費用、何よりこれで得られると信じていた社内からの信用など、

それらを思うと、その失敗で完全に自分に自信を失ってしまった。

 

”期待されて入ったのに、結局自分には何もできないのか?”

”これまで自分が得てきた経験や知識は何だったのか?”

 

それでも、気持ちだけは諦めてはいけないと思っていた。

失敗しても、次に向けて”がんばって”いけばいい。

 

そんな風に気持ちを切り替えようとしていた。

 

年末、会社が冬休みに入る前の最後の日、

僕は、この会社に入るきっかけを作ってくれた上司に言った。

 

「来年こそは、結果を出せるようにがんばるから」

 

でも、そこで彼に言われた一言が、僕に新しい道を進ませるヒントになった。

 

「”がんばっちゃ”、だめだよ。できることを積み重ねて、少しづつ上がっていこう!無理をして、”今の自分にできないことをただがむしゃらにがんばって”も、失敗して自信を失うだけだから。」

 

今の自分にできること、それを見つけて、積み重ねて、強くなること。

 

この経験をきっかけに僕は、”ありのままの自分にできること”を探し、

見栄や強がりではない、もう一つの自分と向き合う日々が始まった。

 

“If you work hard, results will not come out”

Last August, I changed my job for the second time,
I am indebted to the new company.

Rather than ” take care ”,

“I will pull this company and grow it.”

Such feelings were strong.

At that time I was confident in myself that I was wondering.
I have studied experience before my previous job. I am a “somewhat” deadly human husband. (Shame ..)

At the same time there was also expectation and pressure from the surroundings.

“Because I pulled out and entered, I must do my best …”
“At age, if I do not lead positively above employees around me …”

At that time, I was the director of the marketing department,
I was assigned to a project of a certain WEB project, which is a big step for the company.

Although it was an area that had not been experienced until then, in order to make the assigned work succeed,
I studied while reading a large number of books, and was struggling day by day.

Nonetheless, to be honest it was anxious and I was not confident.
But I can not put out such feelings, I feel like I was pretending not to look at myself.

Rather, “relying on others” felt that I could admit that I could not do it myself, and the number of consultations was decreasing.

When I noticed, I was “working hard” all together late at night every day.

“I want to enlarge the company”

It should have been working with such a feeling,

“I want to put out results with my own power”,
“I want to be recognized by my boss”

It was changed to such feelings.
Of course I was not aware of such a change in my own feelings.

Approximately three months after project start,
I was able to release a new service almost at the scheduled timing.

But the result was far from the level I wanted.

The time and expenditure spent there, the credibility from inside the company that I believed to be more than anything else,
Thinking of them, I lost confidence to myself completely with that failure.

“Even though I was expecting you, after all I could not do anything for myself?
“What was the experience and knowledge that you have earned so far?

Still, I thought that I should not give up just the feelings.
Even if I fail, I will do my best for you next time.

I was trying to change my mind like that.

At the end of the year, the last day before the company entered the winter vacation,
I told my boss who made the chance to enter this company.

“From next year, I will do my best to get results.”

But the word I told him gave me a hint to advance my new path.

“Do not do your best”, because you accumulate what you can do and slowly go up, do impossible, just “do your best for what I can not do now” fails, only losing confidence. ”

What you can do for yourself, finding it, accumulating and strengthening.

This experience triggered me to find “what I can do as it is”
It is not an appearance or strength, another day that confronts ourselves began.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です