親を悲しませる”勇気”(後編)


%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-001

予想以上にたくさんの方から反響を頂いて、とても嬉しいです。

 

そしてまさかの、”自分のBLOGを書くことにプレッシャー”を感じております (^^;;

 

 

後編です。

 

 

無事に志望大学に合格した僕は(正確に言うと指定校推薦というやつです)、

ぶっちゃけそれだけで、ほぼ満足していた。

 

 

(多分これで、就職も”うまく”いくんだろう。)

 

 

自分から友達を作るのがあまり得意ではなかった僕は、同じ高校から大学に進んだ同級生たちに、いつもくっついて行動していた。

 

なんとなく面白そうで、ちょうど推薦枠のあった商学部への入学。

履修する科目を選ぶ際に、特に将来に向けた明確なビジョンがあるわけでもなかった。

 

「この授業評判良いらしいよ」

「ほんと?おれも取ろうかな」

 

「おれはあの授業受けるよ」

「じゃあ、おれも行くわ」

 

”なんとなく面白そう”かどうか、”楽に単位が取れる”のかどうかだけで、友達にくっつきながら履修科目を選んでいた僕はいつしか、

 

「あいつ、何も自分で考えて行動できないんじゃねーの」

 

なんとなく、そんな視線を向けられるようになった。

 

そうして、少しづつこれまでの友達との距離が離れていく中、少しづつ、大学での新しい友達も増え始めた。

 

それなりに楽しくて、充実していたと言えば充実していた日々。

 

だけど、サークルでサッカーをして友達と思い切り楽しんだ後、

飲み会で仲間とバカ話をして最高に盛り上がった夜の帰り道、

決まって僕は、何故だか泣きたくなるほどの孤独感を一方で感じていた。

 

将来を見据えて資格勉強に励む友達、

サッカーのプロ選手になって活躍している友達、

留学をして新しいチャレンジを始めた友達。

 

口に出して言ったことはなかったけど、あの時に感じていた感情は、間違いなく”劣等感”そのもの。

 

もちろんその友達のことはみんな、心から尊敬していた。

 

誇らしい気持ちだったけど、その裏にあったのは、

 

”自分も同じようにたくさんの人に認められたい”

”すごいと言われたい”

 

そんな想いだった。

 

かと言って、自分も同じ道を歩みたいのかと言われるとそうでもない。

もちろんそれができる実力もなかった。

 

 

”結局、自分は何がしたいのか?”

 

 

その頃に考えた結果、出てきた答えは、

 

「大きくて安定した会社に入りたい」

「ファッションに携わりたい」

 

 

僕は、百貨店に就職をした。

 

 

店頭での販売、売場の主任、テナントショップの店長として経験を積んだ後、本社で業務オペレーション改革のための仕事を任された僕は20代後半になっていた。

 

たまに会う同級生と夜に飲みに言ってする話と言えば、

 

「〇〇がもう部長になったらしい」

「年収が¥△△を超えた」

 

「マジでーっ!!!すごいね!」

 

帰り道、大学の頃と同じように、言いようのない”孤独感”と”無力感”に、僕はまた打ちのめされた。

 

その時に、もう一度考えた。

 

”自分はこの仕事がしたくてしているんじゃなかったのか?”

”どうしてこれ程の劣等感や満たされていない気持ちを感じるのか?”

 

同じ会社にいても、どうしても将来の展望が描けなかった僕は、8年間お世話になった百貨店を退職させてもらい、外資系の食品メーカーに転職をした。

 

”ここで結果を出して、キャリアアップするんだ”

”将来的には海外でも仕事をできるようになるんだ”

 

転職当初はそれなりに苦労はしたものの、なぜか評価を頂き、ポジションも給料も、社内での信頼も少しづつ上がっていった。

 

全国の複数店舗の担当マネージャーとして売上の責任を負っていた僕は、「強力なリーダーシップでスタッフを引っぱって結果を出す」というタイプとは、明らかに違った。

 

僕にできることと言えば、現場のスタッフの気持ちをなるべく理解してあげるために話を聞いてあげることだったり、相談に乗ることくらいだったと思う。

 

それでそれなりの評価を会社からは得ていたのだから、その時のスタッフには本当に感謝しかない。

みんなのおかげで僕は会社にいさせてもらっているという気持ちだけは常に持っていた。

 

改めて、この場を借りてお礼を言いたい気持ちです。

本当にありがとうございます。

 

ここでも、目指していた”キャリアアップ”は少しづつできていた。

けれどもまた、これまでと同じように満たされず、孤独で自分に無力感を感じる日々が続いた。

 

そして、それは年齢とともに”焦り”に変わっていった。

 

”もしかしたら僕は、ずっとこのまま満たされないまま、これからも生きていくのかもしれない”

 

そんな時、たまたま中学の時の同級生(今の会社の代表)と10年ぶりくらいに、友達の結婚式の二次会か何かで再会した。

 

正直に言えば、中学校当時の僕は彼よりサッカーも勉強もできた分(多分…。)、その時も何となく自分の方が”上”にいるような気がしていた。

 

そんな”上っ面の見栄”の裏側で、本当は”孤独感”と”無力感”を感じていた僕は、彼の話から滲み出る自信と、仕事で築いてきた功績に、尊敬の念を抱いた。

 

彼はメンタルトレーナーとして、日本ではまだその職業や仕事内容が一般的ではない時代に、プロサッカー選手から転身し、多くのアスリートをサポートし、会社を立ち上げ、本も出版し、やりたいことを次々と実現してきていた。

 

(すごいな…。でも、正直何か得体が知れない仕事だし、面白いけど、実際どうなんだろう…?)

 

そしてその後、何度か会って話をしているうちに、

 

「一緒に仕事をしない?」

 

と、声を掛けてもらった。

 

 

心の中では、

 

”こんな自分を必要としてくれるんだ!嬉しい!やってみたい!”

 

という気持ちと、

 

”この業界で働くことって、人からどう見られるんだろう?今の会社を辞めるとなると、上司や親にも反対されるし…。”

 

というブレーキが両方出てきて、僕は半年ほど立ち止まって考え続けた。

 

 

振り返ると僕は、勉強とサッカーが人よりもできるという自信を失い、それでも「望んでいた」大学を卒業して仕事に就き、「それなりに充実」している生活を送ってくることができた。

 

でも、

 

”どうしてこれまで、自分で選んだ道を歩んできたのに、満たされなかったんだろう?”

 

 

その時に初めて、自分は”自分自身が本当にしたいと感じたこと”を選択してこなかったことに気づいた。

 

 

そして、全てではないけれど、その原因の行き着くところが、

 

”親を悲しませることはいけないこと”

 

という価値観につながっていた。

 

 

もちろん、自分自身の勇気が足りず、選んでこなかった選択や、やりたくてもできなかったことは少なくないと思う。

 

 

でも、少なくともその選択をする際に、

 

”親がどう思うかな?”

 

という想いが心の奥にあったことは、これまで自分では決して見たくなかった自分の中の嫌な一面だった。

 

良い大学に入りたかったことも、大きな会社に入りたかったことも、ファッションに携わりたいと思ったことも、外資系の会社を選んだことも、少なからず”親”というところにつながった。

 

”自分は人からカッコよく見られて、余裕のある生活をして、海外にもつながりのある、充実した人生を送っている”

 

そんな期待にこたえられるこどもでないと、親に心配をかけ、悲しませ、裏切ってしまうのではないか?

 

そんな想いが根底にあって、親に悩みも相談できず、辛くても言えず、反対されるであろう決断をそれまでできなかったように思う。

 

本当に恥ずかしいけれど、それに気づいて向き合うことができたのは、34歳の時だった。

 

ただ、それに気づいた僕は、心が晴れてすっきりとした気持ちだった。

不安はあったけど、新しいチャレンジをすることにした。

 

「来月から、ここで仕事をする」

 

案の定、反対され、嫌がられ、止められたが、

僕は決めていた。

 

約束された未来も何もなかったが、新しい自由を手にした手応えはあった。

 

こうして、「仕事」について、僕はこれまでに見つけることができなかった、

情熱をカタチにできる手段を手に入れることができた。

 

34歳にして、ようやくスタートを切れた実感があった。

 

 

次回からは、そのスタート後に僕が経験してきた「もうひとつの自分」について、書いていきたいと思います。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

”Courage to mourn parents”
-Second part-

I’m very happy to receive an echo from a lot of people than I expected.

 

And then, I feel the pressure to write my own BLOG (^ ^ ;;

 

 

It is a second part.

 

 

I successfully passed the aspiring university (in short, it is a designated school recommendation),

I was almost satisfied with just that.

 

 

(Perhaps, I’m going to work “well”.

 

 

I was not very good at making friends from myself, I was always acting together with classmates who went to the university from the same high school.

 

Somehow it seemed interesting and entered the commerce department where there was a recommendation frame just.

I did not have a clear vision for the future, especially when choosing subjects to take.

 

“It seems that this lesson’s good reputation”

“Really? I should take it as well”

 

“I will accept that lesson”

“Well, I will go,”

 

Whether it is “somehow interesting” or not, whether it is “easy to get credits” or not, I was picking up courses while sticking to my friends,

 

“He, you can think about anything yourself and can not act”

 

Somehow, I got my eyes on that kind of thing.

 

Then, as the distance with my friends gradually got far away, little by little, new friends at the university began to increase.

 

Every day I was fulfilling as it was fun and it was fulfilling.

 

But after playing football in circles and having fun with friends,

On the way home of the night when the story told a stupid story with a friend at the drinking party and the highest excitement,

By convention I was feeling the feeling of loneliness that I wanted to cry why why.

 

Friends who are interested in studying the qualification with a view to the future,

Friends active in becoming professional athletes,

A friend who studied abroad and started a new challenge.

 

There was nothing I said in my mouth, but the emotions I felt at that time are undoubtedly “inferiority” itself.

 

Of course, all my friends respected me sincerely.

 

It was a prideful feeling, but behind it was the fact that,

 

“I want to be recognized by many people in the same way”

“I want to be told that it is amazing”

 

It was such a feeling.

 

However, if you are told that you also want to go on the same road it is not so.

Of course there was no ability to do it.

 

 

“After all, what do you want to do?

 

 

As a result of thinking about that time,

 

“I want to enter a large and stable company”

“I want to engage in fashion”

 

 

I got a job at a department store.

 

 

After having experienced as sales manager at the store front, chief of the sales floor, manager of the tenant shop, I was in his late twenties when I was assigned a job for business operation reform at the headquarters.

 

Speaking of a talk with a classmate who sometimes seeks drinking at night,

 

“Oh no, it seems that he became the director anymore”

“Annual income exceeds ¥ △ △”

 

“Seriously !!! It’s amazing!”

 

On my way home, like I was in college, I was defeated again by unspeakable ‘loneliness’ and ‘helplessness’.

 

At that time, I thought again.

 

“Did not you want to do this work?”

“Why do you feel such inferiority complex or unfilled feeling?”

 

Even though I was at the same company, I could not figure out a future prospect by all means I retired from a department store I took care of for 8 years and changed jobs to a foreign-owned food manufacturer.

 

“Get results here and career up”

“I will be able to work overseas in the future”

 

Although I had a hard time at the beginning of my career change, somehow I got evaluation, position, salary, confidence in the company gradually went up.

 

I was responsible for sales as a manager in charge of multiple shops nationwide, which is clearly different from the type “to pull out the staff with strong leadership”.

 

Speaking of what I can do is to ask the story to understand the feelings of the staff at work site as much as possible, or to ride consultation.

 

That’s why I got a reasonable assessment from the company, so I really appreciate the staff at that time.

Thanks to everyone I always had a feeling that I was made by a company.

 

Again, I would like to thank you for borrowing this place.

thank you very much.

 

Again, the “career up” I was aiming was made little by little.

But again, as ever, I could not be satisfied, the days when I feel lonely and feel helpless in me continued.

 

And it became “impatient” with age.

 

“Perhaps I will stay alive for a long time and may live from now on”

 

In such a case, I happened to meet again with a classmate at the middle school (the representative of the current company) for about 10 years, at a friend’s wedding party second party or something.

 

To be honest, I was thinking that I was able to study soccer and learn more than him (at maybe …), then somehow my person was “on”.

 

Behind such “upside looks”, I was feeling “feeling lonely” and “helplessness” in reality, I respected my confidence in oozing from his story and the accomplishments I have built at work .

 

As a mental trainer, in Japan, when his profession and work content is not yet general, she turned from a professional soccer player, supported many athletes, launched a company, published books, wanted to do what they wanted to do one after another It was realized.

 

(Awesome …. but honestly there is something unfamiliar to me, it is fun but what is it?

 

And then after several meetings and talking,

 

“Do you work together?”

 

I got a voice.

 

 

In the mind,

 

“I need this myself! I’m happy! I would like to do it!

 

With the feeling that,

 

“How can you work in this industry from people?” When you quit your current company, you will also be opposed to your boss and parents … ”

 

Both of the brakes came out, I stopped thinking about half a year stopped.

 

 

In retrospect, I lost the confidence that studying and soccer can be better than people, still graduated from the “wanted” university, got a job and could live a life that is “fulfilling as it is” .

 

However,

 

“Why have you been walking the path of your choice, have not you been satisfied?

 

 

At that time, I realized that I did not choose “I really wanted to do it myself”.

 

 

And, although not all, the place where the cause of the cause can be achieved,

 

“Do not make your parents sad”

 

It led to the value of saying.

 

 

Of course, I do not have the courage of myself, and I think that there are not many choices that I did not choose and I could not do even if I wanted to do it.

 

 

But at least when making that choice,

 

“What do parents think?”

 

The fact that I was in the back of my mind was a disagreeable aspect of myself that I never wanted to see on my own.

 

Whether I wanted to enter a good university, I wanted to enter a big company, I wanted to engage in fashion, and chose a foreign – affiliated company, led to a place called “parent”.

 

“I am looking coolly from people, living a life that I can afford, sending a fulfilling life with connections abroad”

 

If children are not able to meet such expectations, will not you worry about your parents, make you sad or betray you?

 

Such feelings are the foundation, parents can not consult their troubles, even if it is difficult to say, I think that we could not make a decision that would be opposed so far.

 

It was truly embarrassing but it was at the age of 34 that I noticed and was able to face it.

 

However, I realized that, my mind was clear and I felt refreshed.

I was worried but decided to make a new challenge.

 

“I will work here from next month”

 

Sure enough, opposed, disliked, stopped,

I decided.

 

There was no promised future nor anything, but there was a response that I got a new freedom.

 

Thus, regarding “work”, I could not find it before,

I got the means to make my passion form.

 

After 34 years old, I realized that I finally started.

 

 

From next time, I would like to write about “another myself” that I have been experiencing since the start.

 

Thank you for reading to the end.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です