親を悲しませる”勇気”(前編)


%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-001

僕はこれまで、親に悩みを相談したことがない。

 

よく、「親や家族には友達のように何でも相談できる」と言う人がいる。

でもいつからか、僕にはそれができなくなっていた。

 

正確に言うと、”できない”のではなく、”したいと思わない”、むしろ”したくない”という感覚に近い。

 

どうしてか、考えてみた。

そして過去を振り返って、気づいたこと。

 

それは、”親の期待を裏切って、悲しませたくない”という気持ちが根底にあること。

 

何かに悩んでいる自分や、何かを思うようにできないことを、親に知られて悲しませてはいけない、

がっかりさせてはいけない、という想いが僕の中には昔からあった。多分、小学校くらいからだと思う。

 

思えば幼い頃から、僕は親からたくさんの愛情を受けて育ってきたことを自覚していた。

 

好きなものを食べさせてもらい、好きな所に連れて行ってもらい、好きなものを買ってもらって。

間違っても決してセレブではないし(笑)、お金持ちでもないけれど、それなりに。

 

そして、幸せな大人になるためには、勉強をすること、良い学校へ入ること、安定した職業に

就くこと、大きな会社に入ることが大切だといつも言われていた。

 

そうして知らない間に僕は、いつしか親自身が描く”将来の幸せ”へのレールというものに沿って、

生きていくことになる。

 

そしてそのレールを外れることはいけないこと、親を悲しませることだと、心のどこかで解釈をしていた。

 

でも、かといってその頃は自分自身で自分なりのレールを引くことができるわけでもなかった。

自分には何ができて、何を本当はしたいのかも、よくわからなかった。

 

小学校4年生くらいから、塾や公文式に通いだした僕は、周りの子と比べても勉強は飛び抜けてできる方だった。

 

「もうできたの!?すごいね!」

「やり方教えてよ!」

 

また、その頃はなぜかサッカーも得意で、学年でもトップ3くらいに上手かった。

 

当時、流行りのシザース(KAZU選手のフェイントの真似)で相手を抜いては

(信じてもらえないかもですが。。)、

 

「雄太、すげー!」

「次は一緒のチームで、もう一回対戦しようぜ!」

 

そんな具合だった。

 

とにかく、自分には何ができて、何がしたいのかはよくわからなかったが、

勉強とサッカーだけは周りから認められ、褒められた。それが嬉しくて、楽しかった。

 

でも、小学校を卒後し、サッカーで名門と言われた学校でいざサッカー部に入ってみると、もう全然ダメ。

まず体力がないし、技術もついていけない。

 

勉強はと言うと、これまたとんでもなく頭がいいやつがゴロゴロいて、全くかなわない。

 

こうして、それまでの自分の存在価値を形成していた、”勉強とサッカー”での自信が一気に崩れさった。

 

それでも何とかがんばってみようと、サッカー部では死ぬほど練習が苦しくて嫌になったが、

とにかく仲間と一緒にサッカーをできることが最高に楽しくて、そんな”がんばっている自分”、

”名門サッカー部の一員である自分”に価値を感じていた。

 

勉強でも、親の期待に応えるべく、”良い大学”に入ることを目指しがんばった結果、

最終的には行きたかった大学にも入ることができた。

 

こうして、”周りの人や親に認めてもらえる自分”というイメージは保つことができた。

 

でも、その”成功体験”が、

後々の自分を幸せから遠ざける原因を作り出すことにつながっていくことになった。

—————————————————————————————————————

「後編」に続く!

 

いっちょまえにもったいぶってスミマセン ^^;

長いと読むの面倒ですもんね。。

 

”Courage to sad parents”
-First part-

I have never consulted my parents with my troubles.

 

Well, there are those who say “You can consult with anything like a friend to your parents and family.”

But since then, I could not do that.

 

To be accurate, it is close to the feeling that “I do not want to do” rather than “not possible”, rather “do not want”.

 

I figured it out.

And looking back on the past, I noticed.

 

It is the underlying feeling that “I do not want to disappoint the expectation of my parents, I do not want to sorrow”.

 

Do not let your parents know what you are suffering from something or what you can not do to think of something,

There was a feeling that I should not let it down, long ago in me. Perhaps, I think that it is from an elementary school.

 

When I think of it from a young age, I realized that I grew up receiving a lot of love from my parents.

 

Have them eat what I like, take me to whatever I like and have them buy whatever I like.

Even if I make a mistake it is never a celebrity (lol), I am not rich, but as it is.

 

And, to be a happy adult, I was always told that it is important to study, to enter a good school, to get a stable profession and to enter a big company.

 

While I do not know it, in line with the rail to the “happiness of the future” that parents themselves will paint themselves some day,

I will live.

 

And it was interpreting somewhere in the mind that it is to not get out of the rail, to mourn the parents.

 

However, at that time I was not able to draw my own rails on my own.

I could not understand what I could and what I really wanted to do.

 

From the fourth grade of elementary school, I attended a cram school and Kumon wedding ceremony was a person who was able to learn far more than studying with other children.

 

“I can do it again! It is amazing!”

“Please tell me how!”

 

Also, at that time somehow I was also good at soccer, I was good at the top 3 even in my grade.

 

At that time, with a popular scissors (imitating KaZu player Feint)

(It may be believed, but ..),

 

“Yuta, wow!”

“Next time on the team together, let’s play again once again!”

 

That was how it was.

 

Anyhow, I did not know what I could and what I wanted to do,

Only studying and soccer were recognized from around and praised. It was pleasant and I enjoyed.

 

But when I graduated from elementary school and entered the football club at a school that was said to be prestigious in football, it is no good at all.

I have no physical strength and I can not keep up with technology.

 

As for studying, this is also a ridiculous bastard, it is rude and it does not match at all.

 

In this way, confidence in “study and football”, which had formed his own existence value until then, collapsed at once.

 

Still, I tried hard enough, I felt sorry for practice being so painful in the football club,

Anyway, being able to play soccer with friends is the most enjoyable, such “I am doing my best”,

“I was a member of the prestigious football club” I felt value.

 

In my studies, as a result of trying to enter a “good university” in order to meet the expectations of my parents,

Eventually I was able to enter the university I wanted to go.

 

In this way, I could keep the image of “myself who can be recognized by people and parents around”.

 

But, that “success experience”

It has led to the creation of a cause that keeps himself from happy for later.

——————————————————-

Follow “the second part”!

 

I’m sorry  ^ ^;

It is troublesome to read and read long. .

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です