YOU KNOW?


名称未設定.001.jpeg

「自分のことがわからなくなったことなんて、一度もないかも!」

 

大学生の頃、友達に言われて自分的には結構な衝撃でした。

 

確か当時は、すごく好きな子がいて、それも自分でも不思議なくらい好きで好きで、

いつもいつもその子のことばかり考えてました。(恥)

 

「なんで好きなの?」

「うーん…、何かわからないけど、めっちゃ好きなんだよね!」

 

友達に聞かれても、うまく自分の気持ちや感情を説明できず、でも気持ちはどんどん高まっていって。

ついに頑張って告白はしたものの、そんな勢いだけの空回りさ加減でアタックした僕は、

見事に振られました。(カスリもせず。)

 

悲しくて悲しくて、諦めきれないような、でも振られたんだから無理なのかな、

どうしようかな、やっぱりまだ好きだよな?ん、そうでもない??

うーん、ワカラナくなってきた。。

 

そんな風にぐるぐるしていた時に、冒頭に書いた言葉を言われたような気がします。

 

(自分の気持ちって、みんな普通わかってるものなのかな…?)

(もしかしたら自分は、自分自身の感情に気付きにくいのかも?)

 

、、そんな疑問を初めて感じた記憶があります。

 

それが何故なのか?ただ言葉にして説明するのが苦手だからだろうか?

色々と考えても、その時ははっきりとした答えは見つからないまま。

 

ただ少なくても、自分のことって意外にわからないものなんだな、ということを人に気付かされた経験でした。

 

多方面から、よく「頑固」と言われる僕ですが、たまには人の意見を聞かないといけないかもな、と感じた大学3年のエピソードです。

 

遅い!?

 

“It may not be that I have lost something about myself!”

 

When I was a college student, my friends told me that it was quite a shock.

 

Surely at that time there was a very favorite child, I also liked it myself and liked it,

I always thought of that child all the time. (shame)

 

“Why do you like it?”

“Well … I do not know anything, but I really like them!”

 

Even if asked by a friend, I can not explain my feelings and feelings well, but my mind is steadily rising.

Although I confessed at last until I confessed, I attacked with such a momentum of idleness,

It was wonderfully shaken. (I also did not scrape.)

 

Sad and sad, I can not give up, but I wonder if it was impossible because I was shaken,

What to do, I still love you? Well, is not it? Is it?

Well, it is getting wacky. .

 

When I was swirling around like that, I feel like I told the words I wrote at the beginning.

 

(Does everyone know the feelings of myself normally …?)

Maybe I am afraid I do not notice my own emotions?

 

,, There is a memory that I felt such a question for the first time.

 

Why is that? Is it because I am not good at explaining it as words?

Even though I thought of various things, clear answer was not found at that time.

 

It was an experience that people noticed that it is something unexpectedly I do not know about myself, even if it is less.

 

From my perspective, I am often referred to as “stubborn”, but it is my third year college episode that I felt that I might have to ask someone’s opinions occasionally.

 

slow! Is it?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です