We, a married couple started our new adventure in lovely Australia.

Seeking our own happiness, value we can create for this era and new ourselves.

 

2017年6 月。

僕ら夫婦はオーストラリアで新しい生活を始めた。

 

喜びや葛藤も、幸せや不安も、なるべくならできるだけ晒し出していけるような、そんなBLOGにしていきたい。

Photo: Ryan Kim Photography

BLOG

  • Do not hesitate to face yourself – できない自分と戯れろ

    Do not hesitate to face yourself – できない自分と戯れろ

    Today was the day for my new challenge, that is NEW MEETUP, “Web Consulting @Byron Bay【FREE】”.   This time, I talked with Michael (Thanks for joining today!) about concrete steps for building and developing website for business Web server contract Website building (WordPress) Get your own domain (URL) Connect with SNS I think using WordPress is easy for beginner to have their own. You can use many plugin (like app) for extend many functions in WordPress.   Actually, I thought my English was not fluent but hope this meetup was useful for Michael!   To be honest, I was so nervous… because have felt anxiety whether I can really help somebody […]Read More »
  • ヌーディストビーチのほとりで。

    ヌーディストビーチのほとりで。

    予想外にも、土曜の朝は晴れスタート。 よく見ればダブル。 かずの職場が、少し離れた場所になりそうなので2台目の車を購入。 手堅く、安心のトヨタにお世話になります。 向かったのは、先週に引き続きByron Bay。 雨上がりの蓮が、綺麗に咲いていました。 写真はないのですが、しばしティーツリーレイクで泳いだ後、ビーチでも少し波と戯れる。 よく見ると、看板が。 “This is not clothing optional area.” つまり、実は隣はいわゆるヌーディストビーチだったわけですね。 どうりですれ違った人が裸…。 今度、行ってみようかな。 この綺麗な海で、裸で泳いだら気持ちよいはず。(昔、湘南でこっそり友達と裸で泳いだことがあるのはナイショ) あれは気持ち良かった〜。   そして、そんなエリアから車で1分。 行ってみたかった、新しいエリアをちょうど発見。 おしゃれなコワーキングスペースに、健康志向のカフェ、これぞライフスタイル提案型というようなバイカー&アウトドアファッション&ヘアサロン併設&ギア&フードショップもあり。   しかし、何故かバイロンベイに来るたび感じるのは、どことなく日本のインスピレーションが垣間見えるところ。 Matchaやら和紙やら、ワビサビなんてフレーズも、ここオーストラリアで目にする不思議。 鉄道マニアではありませんが、噂のソーラートレインをパシャリ。 次は、メインエリアへ。 みなさん、昼間からやってます。 よく、「バイロンベイって、どんなとこなの?」と聞かれます。 もちろんたくさん魅力があるんですが、 うまく言葉で伝えるのは少し難しいんです。(ボキャブラリー不足も?) ただ、そこに集う人々が醸し出す空気感やセンス、内向さ。 それがきっと、僕らを惹きつける魅力の一部な気がします。 みんな各々、寛いでます。 独特の雰囲気。 日本語の看板も。 5月末から6月11まで、日本へ一時帰国予定です。 お時間合う方、是非お会いしましょう〜!  Read More »
  • 新しい街へ。

    新しい街へ。

    考えごとがうまくまとまらない時は、なるべく遠くに行ってリフレッシュするようにしている。     見たことのない景色を想像して、ワクワクしながら先を目指す。     ここはBrunswick。 僕らの住んでいるQueensland州のRobinaから、南へ車で約50分。     田舎って、何だっけ。 というくらいに、場所的にはもう海と山に囲まれてポツンと佇む本当に小さい街なのに、立ち並ぶお店やカフェも、訪れる人々もみんなスタイリッシュ。   ふと、街角にあった不動産屋のチラシを覗いてみたら、飛び上がるほどの家賃の高さ。 高い所で月100万円って。。うちの何倍や。     途中に訪れたブティックで、思いがけず日本語で話しかけられた僕ら。 お互いのファミリーのこと、仕事のこと、生活のこと。 初対面でもすぐに打ち解けて、プライベートな話ができるのはとても居心地が良い。     子供を授かりたいと思っているんですよ、と伝えると温かい言葉で応援してくれた。 店を出てあたりを散策して、さてそろそろランチに行こうかと思って再び店先を通った時。   “This is for you” そういって、子供を授かると言われている貝をあしらった、ヴィンテージのアクセサリーを頂いた。   新しい場所を訪れることで、思いがけずに恵まれた素敵な出会い。 想いと時間が刻まれたそのギフトに、僕らは心を温められた。     DJワークショップ、参加してみたいな。   夕暮れまでまだ時間があったので、少しByron Bayへ。     見所たくさん、興奮しっぱなしで、写真をほぼ撮り逃してますが、ここでもたくさん素敵な出会いが。   親子でヨガウェアを作って日本にも展開をしようとしているショップオーナーの方と出会い、しばしウェブサイトの相談に乗ったり、そのストーリーを伺ったり。   ここ、Byron Bayの魅力は、人にあるんだなと実感した。   中心部よりもサバーブの、このローカル感がまた堪らない。   ほんの週末。 週をまたいだone day short trip。     自分自身に飽きないように、 ワクワクするような新しい未来を作っていこう。  Read More »