We, a married couple started our new adventure in lovely Australia.

Seeking our own happiness, value we can create for this era and new ourselves.


2017年6 月。

僕ら夫婦はオーストラリアで新しい生活を始めた。

喜びや葛藤も、幸せや不安も、なるべくならできるだけ晒し出していけるような、そんなBLOGにしていきたい。

BLOG

  • 結婚12年目。

    結婚12年目。

    新しい場所で、 新しい出会いを求めて。 Pottsvilleという小さなBeach Townで、新しいmeet upイベントを始めることにしました。 オーストラリアには、世界中の様々な国から移り住んできた方たちが多いので、お話をするだけでも、とても楽しいです。 日本に行った時には驚いたことや、オーストラリアの素敵なところ、仕事や生活に関する価値観など、他愛もないおしゃべりから学ぶことや気づくことがたくさんあるので、とても有意義な時間です。 初回を始める前から、既に30人以上のメンバーがらjoinしてくれてテンションが上がったところで、血迷ってTシャツも作ってしまいました。誰かいりますか?笑 「このエリアで初めてのmeetupのイベントだっから、嬉しかったわ!」 「あの人がすぐ近所に住んでるなんて今まで気付かなかったけど、今日のイベントのおかげで知り合えて良かった 笑」 しかしこんな小さなローカルタウンで、こんなに日本に詳しい人が多いのにびっくりしたななぁ。 「仙台ノ道ノ駅ハベスト!」   wow.. とにかく喜んで頂けて気を良かした僕らは、いつも通りに海で入水。 リフレッシュタイム、done。 これまた濃い街、Mullumbimbyへ。 かずは、サインの角度を修正中。 このあたりは街によって、ローカルの雰囲気も異なるし、教育水準や所得レベルに価値観も、大きく変わる。 もしも僕らに子どもが出来た日には、どんな場所で、どんな暮らしをするんだろうか? サインの角度も直ったみたいなので、無事に次に移動。 午後。 ご縁があって動画編集のお手伝いをさせて頂いた、マインドフルネス瞑想のインストラクターをされているEmiさんと。 何よりも、いつもハッピーオーラ満載の方で、好きです。 素晴らしい環境にお住まいで、自然や自分とコネクトする、何とも心地良さげなライフスタイルを送られています。 日本でもイベントをされているそうなので、ご興味のある方は是非! http://mindfulness-project.jp/siy/ さて、次はByron Bayへ移動して。 偶然にもdesignerでスタイリッシュサーファーのLaureとばったり。 みんなに愛されるキャラ。教えて欲しい、そのHow to😆 嬉しいタイミングを言い訳にしつつ、心地良い音楽につられて、ローカルのジントニックを一杯。 やっぱりこれ。自分史上、ベスト of ジントニック。 低音が身体の内側に響く。 気持ちいい。 そういえばということで、先月迎えた結婚11周年のメモリアルに、思い立って記念日ディナー。 あんまり普段は外食しないんですが、ここは美味しくて気に入ったBarrio。 うーん、僕ら的には贅沢したなぁ。しかしどれも美味しくて満足。 帰り道。 夜の明かりをなるべく離れて、海辺に星を見に。 写真には撮れてませんが、星ってこんなにあるんだな、というか向こうの星から見たら地球はただのone of themだな、気楽にいこう、そんな想いにさせてくれた星空。 脈絡があるようでありませんが、そんなことを感じた夜。 北風が温かい、ここは南半球。 今日も明日も、人生のまさに今ここにある1日。 楽しんで、 がんばって、 精一杯燃焼して。 出来る限り振れ幅の大きい人生を、これからももっと進んでいきたい、 そんなことを、考えていました。 おわり😄Read More »
  • 2年3ヶ月が経ちました。

    2年3ヶ月が経ちました。

    2017年6月にオーストラリアへ来てから、 今月で2年3ヶ月が過ぎました。 僕らにとってこの移住という選択は、 それまでの葛藤や憂鬱からの逃避でもあり、 新しい未来へのチャレンジでもありました。 周りの方からは、 「大丈夫なの!?仕事は?お金は?」 「すごい!憧れる!」 「ぶっ飛んでるな!笑」 賛否両論ありながらも、 周りの意見にに左右されないような、 そんな覚悟を持って決めた選択でした。 改めて振り返ってみると、 ●良かったこと ・チャレンジしている自分が好きになれる ・新しい出会いがある ・成長できる ▲辛いこと ・家族や友達と離れてさみしい ・お金や将来に不安を感じる ・言語の壁 ざっとこんなことを感じます。 ただ、 自分が求めていたのは、 ●>▲の環境だったので、 この選択には後悔はありません。 「孤独」という言葉からは、 少しネガティブなニュアンスも漂いますが、 圧倒的に孤独な環境に自らを置くことで、 見えてきた素直な自分、 変化した(せざるを得なくなった) 新しい自分とも出会いました。 多分この感覚自体が、 それまでの僕に必要だったものなんだと、 今は思います。 嫉妬やプライド、 孤独と充実、 感謝に焦燥感。 色々とありますが、 この感情の振れ幅の広がりみたいなものが、 日々の充実や未来への期待を作っている気がします。 結婚して12年。 未来の僕らの子どもにも会えるように、 引き続き妊活にも取り組んでいます。 2人ともこれまで以上にコンディションが良くなってきているとお墨付きを頂けたので、 いずれ僕らも我が子を授かれることができたらいいなと、程良い期待感で楽しみに思っています ちなみに次回は、 来年の1月下旬から2月頭に帰国することにしました。 母親の誕生日もあるので、 充実した時間が過ごせたらいいなと思っています。 ありがたいことにお仕事面では、 Webサイト制作や動画制作などのお仕事も頂けるようになってきたので、窓口用にページを作ってみました。 http://vibes-creation.com/ 自分だけだと全てをお引き受けできないので、一緒にお仕事をして頂ける方を募集中です! また海外の仕事も受注したい、という方も募集しています。 […]Read More »
  • Back to here, Australia / 何はなくても豊かな生活

    Back to here, Australia / 何はなくても豊かな生活

    We came back to Australia after 2 weeks trip to Japan. Enjoyed time with our family and friends, it reminded our hometown and own background. Whenever going back to Japan, I was always satisfied with tasty food, lots of exciting things, inspiring from many information and so on. Here in Australia, I sometimes feel bored […]Read More »